Pocket

アルージェは敏感肌や乾燥肌など、肌のバリア機能が低下している方でも安心して使えるスキンケアシリーズだそうです。

なので、アルージェ化粧水のさっぱり、しっとり、とてもしっとりなどの種類別の成分、ニキビや美白への効果、使い方のポイントや口コミについても知りたいですよね。

それから、アルージェ化粧水の落とし穴はないのか気になるのではないでしょうか。

そこで今回は、アルージェ化粧水の成分やニキビへの効果と口コミ、また、落とし穴などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

アルージェ化粧水の成分やニキビへの効果は?種類や使い方!落とし穴はない?

アルージェ化粧水を販売しているアルージェは、敏感肌に悩む女性のために誕生したスキンケアブランドで、2001年にスタートしたとのことでまだ新しく、医薬品メーカーが培ってきたテクノロジーを活かした製品作りを行っています。

そして、そんなアルージェの化粧水には、さっぱり、しっとり、とてもしっとりと肌質や季節に合わせて選べる3つのタイプのローションが販売されているので、成分や効果、使っている方の口コミもチェックしていきましょう。

1、 アルージェ モイスチャー ミストローションI <さっぱり>

2、 アルージェ モイスチャー ミストローションII <しっとり>

3、 アルージェ モイスチャー ミストローションIII <とてもしっとりり>

そして、成分には次のようなものが配合されているそうです。

・ 有効成分

グリチルリチン酸2K、ε-アミノカプロン酸

・ その他の成分

水、BG、ペンチレングリコール、カンゾウ葉エキス、米ヌカエキス、トリメチルグリシン、ヒアルロン酸Na‐2、ビオセラミド、ジグリセリン、濃グリセリン、PEG(20)、フェノキシエタノール

上記はさっぱりタイプとしっとりタイプの表示成分で、もっとしっとりタイプになると、マカデミアナッツ油脂肪酸コレステリルなども加わっています。

・ 有効成分

グリチルリチン酸2K、ε-アミノカプロン酸

・ その他の成分

水、BG、濃グリセリン、カンゾウ葉エキス、米ヌカエキス、植物性スクワラン、トリメチルグリシン、ヒアルロン酸Na‐2、ビオセラミド、マカデミアナッツ油脂肪酸コレステリル、ジグリセリン、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、水添大豆リン脂酸、D-ソルビット液、フェノキシエタノール、ヘキサオキシステアリン酸ジペンタエリトリット、1,2-ヘキサンジオール、粘度調整剤、pH調整剤

それから、敏感肌向けとうたっているだけあり、弱酸性にこだわり無香料で無着色、界面活性剤や鉱物油は無添加、ノンエチルアルコール、ノンパラベンと明記されています。

また、パッチテストやアレルギーテストを行っているので、敏感肌の方や乾燥肌の方、アレルギー体質の方でも炎症を起こす可能性が低く安心して使えますし、コメドテストといってニキビのもとができにくいテストも行っているので、ニキビができにくい肌へと導くことができます。

それから、美白成分は配合されていないのですが、肌のターンオーバーが正常化されていくことで、ニキビやシミも徐々に薄れていくとなめらかな肌に仕上がり、自然と透明感が出てくるので美白効果も期待できそうですよね。

アルージェ化粧水の使い方は?

アルージェ化粧水のさっぱり、しっとりタイプはミストタイプなので、洗顔後に適量を直接顔にスプレーするか、手にとって顔全体から首筋になじませるようにすると良いそうです。

そして、コットンを使用する場合は肌に刺激の少ない良質なコットンを使用し、優しくしみこませるようにして肌につけると良く、最後に手のひらで顔全体を包み込むようにしてなじませると、浸透効果がアップするとのことです。

一方、とてもしっとりタイプは振り出しタイプの化粧水なので、手のひらかコットンを使って顔に直接つけていくと良いとのことでした。

ちなみに、さっぱりタイプは主に夏場やさっぱりしたテクスチャーを好む方にオススメで、しっとりタイプは通年使うことができ乾燥肌にオススメ、とってもしっとりタイプも通年使うことができ、特に乾燥している方にオススメだそうです。

それから、ミストタイプは旅行先や日中の化粧直しの時などにも便利なので、汚れを優しく除去する+保湿目的でこまめに使っていくと良いですね。

アルージェ化粧水の落とし穴はないの?

アルージェは「買ってはいけない」(『週刊金曜日』ブックレット)で紹介されたようで、掲載されたのは老化をまねくと言われている酸化チタン配合の日焼け止めクリームだそうですが、あまりアテにはならないそうです。

一方で、アルージェ化粧水には問題の成分は含まれているか気になるところですが、アルージェ化粧水の「ビオセラミド」という成分が気になります。

これは、生体脂質のセラミドと類似構造を持つ糖セラミドを主体とした天然由来のセラミド関連素材で、あくまで類似成分なのでセラミド本来の性能を期待することはできないそうです。

そのため、アルージェ化粧水一本で十分潤い、健康的な肌になれると信じ込んでしまうと、保湿具合が足りず乾燥がちの肌になってしまうかもしれないので、ローションの後には乳液やクリームも合わせて使うようにしましょう。

・ アルージェ 薬用ジェル保湿液

・ アルージェ 薬用ジェル保湿クリーム(しっとりタイプ)

・ アルージェ 薬用ジェル保湿液(とてもしっとりタイプ)

スポンサーリンク

アルージェ化粧水を使った方の口コミは?タイプ別にチェック!

それでは、実際にアルージェ化粧水を使った方の口コミをチェックしていきましょう。

アルージェモイスチャーミストローション<さっぱり>の口コミは?

・ Pancakeさん/16歳

洗顔後これ塗ったら顔が赤くなってしまいました。

ピリピリかゆみはないとは思うけど、残念。

みんな肌に合ってて羨ましい限りです。。。

・ 月の雫359さん/25歳

アトピーが酷いときにネットでいいと聞き、薬局で買いました。

それまではステロイドを塗っていましたが(塗ったり止めたりを繰り返していました)これを使い始めと同時にステロイド塗るのを止めました。

さっぱりなので保湿性はないですが、アトピーが酷くなることはなかったです。

これの後に同じアルージェのモイストトリートメントジェルとエクストラモイストクリームを半年ぐらい塗っていました。

これのおかげなのか、他にも色々していたのでわからないですが徐々に良くなっていきました。

時間はかかりましたが、大きな炎症がなくなったのですごく嬉しかったです。

ただ私は手でつけるのが好きなのでスプレータイプは少し使いにくいです。

金銭的に難しくなったので、今はプチプラの化粧水を使っています。

また余裕ができれば次はしっとりタイプを使ってみたいなと思います。

・ conohareさん/35歳

まるで水のような軽い感触の化粧水です。

ナノ化された成分が配合されているとのことなので、肌馴染みが大変良いです。

3プッシュ目安ですが、5プッシュくらいつけないと物足りません。

私は脂漏性皮膚炎を患っており、合わない化粧品はたちまち赤く反応するのですが、このミストは安心して使える一品です。

同じアルージェのジェル乳液とあわせて使っています。

しっとりタイプのミストも使ったことがありますが、脂性肌の私には重かったです。

ドラッグストアでさっぱりとしっとりに成分差はあるのかを尋ねたところ、成分や効果は同じだけど感触が違うだけとのことだったので、好みで選べばいいと思います。

ちなみに夏場混合肌・冬場乾燥肌の母は、しっとりタイプを使用しても物足りないとぼやいていました。

オイリーな私はこれからもさっぱり使用でいこうと思います。

もう少したくさん入っているとうれしいですね。

・ ゆりりんこのお化粧日記さん/55歳

敏感肌なのに、この夏、肌研のオールインワンで過ごし、日焼けして、ボロボロのお肌になってしまいました。

母に電話で話すと、この商品を送ってくれました。

すごくいいです。

肌荒れが改善され、肌のきめが整ってきました。

テクスチャーはさっぱりしており、いい匂いもしませんが、肌にいいことは確かです。

敏感肌なので、肌に合う化粧品に出会え、満足です。

アルージェモイスチャーミストローション<しっとり>の口コミは?

・ スターシホさん/34歳

思っていたよりも保湿できました。

出番は結構ありそうです!

少しですがハリも出たようになりました。

肌をととのえるのにちょうどいいです!

・ ちゃんもえさん/24歳

典型的なインナードライ肌です。

これといったお気に入りのものもなく、いろんな商品をさまよっていました。

しかしこの冬、どうがんばっても乾燥しニキビも発生しまくり・・・、Tゾーンの皮脂は収まる気配もなく・・・。

いろいろネットで調べて天然セラミド配合のこちらを使ってみました。

まず、今までハンドプレスで化粧水をつけていたため、ミストタイプの手軽さに感動しました。

ドバッと出て手からこぼれるなんてこともなく、いつも決まった量をつけられます。

顔全体に満遍なく5プッシュほどかけて、手で押し込むようにプレスするだけ。

これを2回ほど行って、しっかりと肌に浸透させるようにしています。

ムダに肌を触る必要もないので、肌荒れ時にもやさしく使えました。

べたつきもなくさらっとしていますが、きちんと潤いは感じられます。

以前使っていた化粧水は、別でブースター美容液を使わないと皮めくれが発生していました。

しかしアルージェの化粧水にしてからは、その美容液はほとんど使っていません。

しっかりメイクをした日や、ピーリングを行ったとき以外はこれと同ラインの保湿ジェルのみで十分潤います。

残念ながら毛穴には効果が見られません・・・

まぁ、まずは肌をフラットな状態にすることを目指して、使い続けようと思います♪

・ なもちaさん/40歳

乾燥が気になるので、しっとりタイプにしました。

でも期待していたほど保湿力はなく物足りなく感じました(´・ω・`)

乾燥の改善も正直見られません。

・ mofu23さん/30歳

こちらもう何回リピートしたことか。

以前から乾燥肌ではありましたが、ここ1年くらいより敏感肌になりました。

そんな時でも負担なく使えます。

他のもっと安い敏感肌用化粧水なども試しましたが、潤いが足りなかったり荒れてしまったりで結局こちらに戻ってきます。

この商品がなくなったら本当に困る!

廃盤になったりしないことを祈るばかりです。

アルージェモイスチャーミストローション<とてもしっとり>の口コミは?

・ こうめらてさん/38歳

某化粧品のカウンターで人生初めての肌診断をしてもらいました。

手入れ頑張っていたつもりなんだけど散々たる結果に…

しかしそこの化粧品は品は確かなのですが値段が高い!

サンプルだけもらって帰って来ました(笑)

しかし結構頑張って肌の手入れしていたのになぁ。

化粧水、安いのを沢山使っていたのですが、安いからちゃんと浸透してなかったのかなと思い、もう少し高いのにしてみようとドラッグストアへ。

そこの化粧品担当の方に相談したら、これから花粉の季節にもなるしとこちらを勧められました。

敏感肌用なだけあって、本当に肌に優しいテクスチャーです。

ぐんぐんと肌に入っていく感じがします。

二、三回に分けてつけると、肌の奥がひんやりしたような手応えが!

これは浸透してるかも!と。

その後診断に行ってないからわからないけど、乾く感じはないし良い手応えなのでしばらく使ってみます。

・ りなすずさん/26歳

乾燥肌への効果を期待して大きいボトルを購入。

使い切りましたが、特に効果を感じられませんでした…。

・ ビビハニム

敏感肌のくせにアンチエイジングを考え、化粧水はHACCIやサイクルプラスにエビス…etc…を使ってきましたが、ここ2年ばかり秋から肌に痛みを感じるようになり、より低刺激のものに切り替える事に…。

アルージェは数年前にお試しで使いましたが、当時はモイスチャーリッチローションがなく保湿に物足りなさを感じ、現品購入はしませんでした。

とてもしっとりタイプが登場し、ミストでないと知り、楽天で税抜き2000円で購入。

ややトロみがあり白濁とした化粧水です。

肌に優しく浸透力は程々、保湿力はそれなりです。

砂漠並みに乾いた肌なのでもう少し保湿して欲しいとこですが、敏感肌なのであまりに高保湿だと刺激になる可能性があるため、これが限界なのかも。

アンチエイジング効果は、ないと思います。

…そもそも敏感肌が化粧水にアンチエイジングを求めるべきではなく、低刺激で保湿してくれたら充分では?と、気づきました。

値段そのものは、これまで使ってきた化粧水に比べて安いんですが、分量とのバランスを考えたらコストパフォーマンスが良いとも言い切れないです。

色々と物足りないんですが地味に合っているので、気が向いたらリピする可能性あり。

旧指定成分にエタノール、無香料・無着色・弱酸性で界面活性剤無添加なのは、ポイント高いです。

・ にゃあさん/23歳

アルージェのしっとりタイプの化粧水が気に入っていたのですが、とてもしっとりも気になって買いました。

オイルが入っているだけあって、とろっとしたテクスチャーです。

使い心地は良かったのですが、オイル系が苦手な人は要注意です。

私はオイル系はいつも肌に合わず(顔に使うのが苦手で、吹き出物が出来てしまいます)、この化粧水もダメでした。

残念です。

いかがでしょうか?

どのタイプも使った方の口コミで評価の差が激しく、相性が良い方はずっとリピートするほど愛用しているようですが、人によっては使い心地が今ひとつだったり、乾燥してしまった方もいましたね。

それから、もっとしっとりタイプについては少々オイリーに感じるようで、人によっては感触が気に入らない場合があるかもしれません。

そのため、どのタイプが合っているか分からない方はサンプルなどから使い始めてみると良いのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、アルージェ化粧水の成分やニキビへの効果と口コミ、また、落とし穴などについても詳しくお伝えしました。

アルージェ化粧水はスクワランやビオセラミドなどを主成分とした敏感肌・乾燥肌対応の化粧水で、添加物や化学成分は無添加ですし、ナノ化されているので高い浸透力が期待でき、ニキビのできにくいなめらかで透明感のある肌へと整えてくれるのでしたね。

そして、落とし穴というわけではないのですが、ビオセラミドはセラミド類似成分なので、セラミドそのものの効果は期待できないという注意点があったものの、口コミをチェックすると相性が良い方はずっとリピートしているようでした。

タイプとしてはさっぱり、しっとり、とてもしっとりの3タイプがあるので、肌質や季節に合わせて使い分け、出先での化粧直しなどにも活用すると、アトピー肌の方などでも症状が改善するようなので、ナイーブな肌の方ほど使ってみてくださいね!

スポンサーリンク