Pocket

どくだみというと、匂いがきつくていくらでも増えてくる迷惑な雑草というイメージが強のいですが、実は肌にとって嬉しい効果がたくさんあるのです。

そんなどくだみの花でできる化粧水「どくだみ化粧水」ですが、成分とシミやニキビ、アトピーへの効果・効能について知りたいのではないでしょうか。

それから、どくだみ化粧水は手作りできるので、日本酒やグリセリンでの作り方や乾燥した葉で良いのか、市販のどくだみ化粧水のおすすめや口コミについても気になりますよね。

そこで今回は、どくだみ化粧水の成分とシミやニキビやアトピーへの効能と口コミについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

どくだみ化粧水の成分は?シミやニキビとアトピーへの効果・効能は?

どくだみ化粧水の原料は、日本人には身近な植物である「どくだみ」で、画像のように葉っぱの先がとがった卵心形をしていますよね。

そして、白い花びらのように見える4枚のものは葉が変化したもので、その4枚の中心に黄色く小さな花が咲きますが、この花が咲く7月の開花時期に収穫して乾燥させ、デトックス効果があるとしてお茶で飲まれることが多いです。

一方、肌にはどのような効果が期待でき、どんな成分が含まれているのでしょうか?

1、 デカノイルアルデヒド

ドクダミと言えば、とにかく独特の匂いがしますが、あの匂いの成分が「デカノイルアルデヒド」といって、

・ 強力な殺菌性・抗菌性

・ 肌の炎症の抑制

といった作用が強いので、ニキビや吹き出物、肌荒れの症状を緩和させることができるのですね。

2、ケルセチン

ケルセチンには抗酸化作用や血行促進効果があるので、どくだみ化粧水の使用によって肌の血行が促進されます。

それによって、代謝が促進され肌のターンオーバーも正常化するので、

・ 肌のハリ感アップ

・ 黒ずみの緩和、イチゴ鼻の改善

・ 血色アップ

などの効果が期待できるので、アンチエイジング効果もあり、肌のトーンアップに効果的です。

3、クロロフィル

皮膚の再生を促進する働きがあるクロロフィルは、どくだみの生葉に特に豊富に含まれていて、

・ 肌のターンオーバーの正常化

・ 肌のバリア機能アップ

・ 色素沈着やシミの症状緩和

・ 美白効果

・ 皮膚組織の再生力向上

4、クエルシトリン

どくだみにはフラボノイド系ポリフェノールの一種であるクエルシトリンが豊富に含まれていて、肌につけると抗炎症作用や血行促進効果があるとされています。

5、ミネラル

どくだみにはカリウムやマグネシウムといったミネラル分も多く含まれていて、肌につけると肌荒れの予防にもなるそうです。

このような効果が期待できるそうですが、いかかでしょうか。

有名ブランドの化粧水でもここまで幅広い効果をカバーしているものは、なかなかないですよね。

まとめると、こうした多くの効果が期待できるどくだみ化粧水には、

・ 抗炎症・殺菌効果があるためニキビや吹き出物に効果的

・ 肌の新陳代謝アップで美肌・シミ・美白・そばかすにも効果的

・ 炎症の抑制、新陳代謝アップでアトピー改善に効果的

・ 肌の炎症抑制や殺菌、抗菌効果で肌をきめ細やかに整える

といったように、様々な効能があるということになります。

そして、そんなどくだみ化粧水ですが手作りもできるので、早速作り方をチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

どくだみ化粧水の作り方は?

<材料>

・ どくだみの生葉…100~150枚

・ ホワイトリカー(35度)…1800ml

・ 植物油(オリーブオイル、ビタミンE、ハチミツなど)やグリセリン…小さじ1~2杯程度

・ 空き瓶

<作り方>

1、 ビンは熱湯消毒をする。

2、 どくだみは葉だけが必要なので、葉を茎からちぎり、よく洗ってから干して水分を飛ばします。

3、 乾かしたどくだみの葉をビンの1/3が埋まるぐらいまで詰めて、ビンいっぱいにホワイトリカーを入れます。

4、 ガーゼを3枚ぐらい重ねたもので蓋をし、ゴムで止めます。

5、2週間以上冷暗所で保存してから、茶色く変色した液体を濾し、グリセリンを混ぜたら完成です。

ちなみに、このどくだみ化粧水は寝かせれば寝かせるほど質が高まるそうで、ホワイトリカーではなく日本酒(米と米糀のみで作られた純米酒など)を使うと、さらに美白効果が高まるそうなのでオススメです。

それから、どくだみの葉は生の方が前述でお伝えしたような成分が豊富に含まれているので、乾燥させすぎないように気をつけましょう。

また、ハチミツを加えると保湿効果がUPしますが、最初から加えてしまうと日持ちが悪くなるので、どくだみ化粧水が出来上がってから小瓶に入れ替えて、すぐに使える用量にしてから加えると良いそうです。

こうした手作り化粧水なら、防腐剤や石油系化学成分も入っていないですし、敏感肌の方でも安心して使えて、乾燥肌の方にも十分な保湿効果があるのでオススメですね。

スポンサーリンク

どくだみ化粧水の市販のおすすめは?口コミも

どくだみ化粧水の手作りはおもしろそうだけど、ちょっと面倒くさいなという方は、以下の通りおすすめするどくだみ化粧水の市販品を使ってみましょう。

そして、実際に使った方の口コミも紹介しますね。

1、 トプラン どくだみ化粧水

どくだみエキスに加えて、天然ローズ水やコラーゲン、ロイヤルゼリーを配合し、肌を優しく整えてくれる弱酸性タイプです。

【使ってみた方の口コミは?】

・ asahiさん/24歳

安いのでコットンパックにも使用しています。

容量が多いのでバシャバシャ使えるのがいい所ですが、ちょっとローズの香りが気になってしまいます。

けっこう使っていたら香りに慣れて気にしない位ですが。

この化粧水に変えてすぐは気になる人もいると思います。

ニキビ予防になるかもしれないと思い使用しましたが、ニキビはけっこう出ました。

安いし、容量も多いのでリピするかもしれません。

・ biu04554さん/32歳

最近ヒットの化粧水。

さらっとしているがほんのりとろみあり、ローズ水のいい香り。

劇的な変化はないけれど、いや、このお値段でそこまで求めないけれど、トラブルなく安心して使えるとても貴重な大切な存在。

冬に使用。

米ぬかアロエなどほかのも試してみたい。

2、 地の塩「どくだみ化粧水」 500ml

こちらの化粧水はどくだみ化粧水にローズ水、甘草エキスを配合していて、しっとりとした肌に整えることができ、肌はもちろん全身ローションとしても使えるそうです。

【使ってみた方の口コミは?】

・ みさきちさん/23歳

肌荒れやニキビができたらコレです。

何度リピートしたかわからないくらい。

コットンかマスクをびっしゃびしゃひたひたにしてパックします。

すぐには良くはならないですが、徐々に肌荒れが落ち着いてキメが整って透明感が出ます。

コスパも良いです。

安いとこだと300円くらい。

お肌に合えば最高のものだと思います。

これからも常備しておきます!

・ むいさん/29歳

ハトムギや日本酒など色々使って最終的にこちらに落ち着きました!

私は一回で大量に使うので(笑)気にせず使えるコスパの良いものしか使いませんw

手に取り優しくハンドプレスしながら3回くらいに分けてつけてます!

ニキビに悩んでいましたが使い始めてから落ち着いてきました!

どくだみ化粧水のあとにHABAのスクワランを塗ってスキンケア完了。

私には合っているようですべすべになります☆

3、 ハービー/どくだみ化粧水 ホワイトクロスローション

こちらの製品はどくだみエキスを90%配合し、弱酸性で無香料、ノンアルコールだそうです。

そして、テクスチャはさっぱりとしていて、使用後はほどよいしっとり感が得られ、ボディにも安心して使えるそうです。

【使ってみた方の口コミは?】

・ 購入者さん

どくだみ化粧水は沢山ありますが、どれもどくだみエキス配合というだけで、成分表示をみると、水やエタノールの後に書かれているものばかりで、果たしてどの程度入っているものか??と思っておりました。

コチラはどくだみの生葉から抽出した原液が90%も入ってできているという点で、どくだみの効果が期待できると思います(*^□^*)

ホントはどくだみの生葉から自分で作りたいのですが、乾燥茶葉はあっても、生葉が手に入らず・・・・まさに探していた商品です☆

欲をいえば保存料も無添加だと嬉しいのですが、品質維持のためには入っていた方が安心かな。。。。

匂いが苦手という口コミも見かけましたが、私は平気でした。

まぁイイ匂いとは言えませんが、薬草みたいな香りです‥。

使用感はさっぱりしているけど、しばらく肌に残る感じがします。

すぐに変化は見られないと思いますが、どくだみ効果に期待して、何本か使って経過をみたいと思います。

美肌になりますよぅに☆彡

・ Deveauxさん

数年前から夏には汗包という湿疹に悩んでいて、去年お試しで買ったら良く効いたのでリピしました。

私の場合、湿疹は手のひらや指の間にもたまに出てきますが主に足の甲や肘、膝などに出るタイプです。

痒みを我慢するのは辛いので、ある程度軽く掻いてから(笑)たっぷり塗っておくと痒みと赤味が引いて広がりも抑えてくれるようで翌日にはブツブツも目立たなってます。

個人的には夏の必需品ですが、あくまで私例ですので昨年同様☆は4つに。

以前も書きましたが、琥珀色で生の梨のような香りのローションです。

いかがでしょうか?

1と2はどくだみの香りを消すためか、ローズの香りが添加されているのでその香りが気になるという方もいるようですし、成分にはエタノールやパラベンなども配合されているので、無添加が好みの方にはいまひとつかもしれません。

でも、肌との相性が良ければどちらも効果が高く、ニキビや肌荒れにぴったりのようですね。

一方、3はどくだみ成分が90%も配合されていて、色は琥珀色で精白されていないようですが、生のどくだみの葉っぱが使いたいけれど手に入らないという方にも満足してもらえそうな商品ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、どくだみ化粧水の成分とシミやニキビやアトピーへの効能と口コミについても詳しくお伝えしました。

どくだみ化粧水は、どくだみの生の葉を原料にしたローションで、デカノイルアルデヒドやケルセチン、クロロフィルなど、肌の抗菌や抗炎症作用、血行促進などに効果のある成分が豊富に含まれていて、肌の新陳代謝を促進しなめらかで透明感のある肌荒れのない強い肌へと導くことができるのでしたね。

なのでニキビの予防やアトピーの改善など幅広い効能を期待することができ、手作りする方法もお伝えし、日本酒を入れるメリットやハチミツを入れるポイントもお伝えしました。

そして、そんなどくだみ化粧水で市販のおすすめも3種類紹介し、ローズの香りが加わっているものやどくだみ成分が豊富なものなどもお伝えしたので、好みで肌質にあったものを見つけて、強い肌作りに役立ててくださいね!

スポンサーリンク