Pocket

顎に固い吹き出物のようなしこりができて、芯まであってつらい時があると思いますが、これはいわゆるしこりニキビです。

なので、顎ニキビでしこりができる時の原因と治し方で、膿や痛い時の対処法も知りたいですよね。

それから、顎ニキビでしこりがある時の治療薬も気になるのではないでしょうか。

そこで今回は、顎ニキビのしこりの原因と治し方、また、膿や痛い時の対処法や治療薬などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

顎ニキビのしこりができるのはなぜ?

なんだか違和感を感じて顎にふれると、いつの間にかぼこっと腫れて痛いしこりができていることってありますよね。

こうしたしこりニキビは普通のニキビよりも大きいので目立ってしまいますし、鏡を見る度に気になって、ついつい触ってしまったり、潰そうとしてかえって悪化してしまうのではないでしょうか。

しこりニキビの種類は?原因も

しこりニキビには、次のような2種類があります。

1、 赤いしこりニキビ

赤いしこりニキビは、毛穴に詰まった皮脂の内側でニキビ菌である「アクネ菌」が繁殖していることで炎症が起き、色が赤くなっているのです。

そして炎症のせいで膿がたまり、しこりのように固まっているのですが、色味が紫色に近い場合にはさらに症状が悪化し、膿に血液が混ざっている可能性があるというので怖いですよね。

2、 芯が見えないしこりニキビ

もう一種類は、ほとんど無色か、赤みがかっている芯が見えないニキビで、これは体の中の老廃物によって皮膚の奥深くで皮脂が詰まっていることで起きています。

そして、ニキビの芯は皮膚の奥にあるので一見分からないのですが、皮膚下では炎症が起きたり、炎症によって膿が溜まり、しこりのような固まりができているのです。

こうしたしこりニキビは長期化しやすく、特に芯の見えないニキビの場合、炎症が皮膚の奥で起きているため体の内側から治していくしかありません。

そして、しこりの元が完全に消えるまでは治ったように見えてもまた悪化したり、近くに同じようなニキビができてしまったり…と繰り返しやすいものが、しこりニキビなのです。

それから、こうしたしこりニキビが長期化すると、肌の細胞がダメージを受けてしまい、赤身が沈着してしまったり、治そうとする細胞が過剰に出てきて、ニキビ跡がしこりになってしまうこともあります。

そのため、しこりニキビはできるだけ早く対処に取りかかり、1日も早く治した方が良いでしょう。

スポンサーリンク

顎ニキビの治し方は?

赤いしこりニキビは、なるべく刺激を与えないようにしながら、皮膚科では炎症を抑えるための抗生剤を処方してもらいつつ、肌の再生を促し正常な状態を作る必要があります。

一方、芯の見えないしこりニキビは、芯や膿を皮膚の表面から出すことができないので、肌の再生能力を高め、奥深くから代謝を促すことで肌の状態を正常にしていく必要があります。

このように、肌の再生能力を高めることはどんなニキビ対策でも必要なことなので、次のように基本的な対策と、オススメの治療薬をチェックしましょう。

1、 生活習慣を見直す

・ ビタミンAやB2、ビタミンCが豊富な栄養バランスの良い食生活を意識し、3食規則正しく食べるようにする

・ ウォーキングやヨガなど、適度な有酸素運動を行う

・ 睡眠時間を確保し、熟睡できる環境を整える

2、 肌を清潔に保つ

・ 洗顔時には、洗い残しがないようにしっかりすすぎ、清潔なタオルで優しく水気を拭き取る

・ 無意識に手でニキビに触れないように気をつける

・ タオルや枕カバーはこまめに洗濯し、交感する

3、 低刺激のスキンケアに切り換える

肌の炎症が起きている場合には、スキンケアのアルコールや添加物が刺激となって症状が悪化する場合もあるので、お使いの化粧品の原料をチェックし、合成香料・着色料・鉱物油・石油系界面活性剤・パラベンなどが配合されていないか確認してみてください。

それから、エタノールなども赤くてかゆいニキビには刺激になり、ピリピリしてついかいてしまうこともあると思うので、ニキビが治まるまでだけでも低刺激で保湿力の高い化粧品に切り換えるようにしましょう。

4、 治療薬を使う

基本的には上記のような生活習慣の見直しやスキンケアで肌の再生を促すことはできるとされていますが、忙しい方や年齢を重ねた方の肌では、肌のターンオーバーも周期が長くなっており、改善がそう簡単ではない場合もありますよね。

なので、そんな時は市販の治療薬を使い肌の再生を促し、肌質を根本から改善していくこともオススメなので、次の通りオススメの商品を紹介しますね。

・ オロナイン

オロナインは、やけどなど皮膚トラブルのためにいつも自宅に常備している方が多いと思いますが、殺菌効果に優れたグルコン酸クロルヘキシジン配合の皮膚疾患外傷治療薬とのことで、製品にも効果・効能のところににきびと記載があります。

なので、洗顔後のキレイな肌の状態で、気になるしこりニキビにオロナインを塗ってみると肌質に合う方は翌日には治っているそうですよ。

・ テラコートリル軟膏

化膿していて痛く、腫れている場合は気になって仕方ないですし、つらいですよね。

テラ・コートリル軟膏はそんな膿んだしこりニキビにも効果があるので、洗顔後のキレイな肌の状態で、患部に塗ってみてくださいね。

・ ペアアクネクリーム

大人のフェイスラインにできるニキビに効果が高いとされるペアアクネクリームは、赤みを帯びた繰り返すニキビに効果的だそうです。

ちなみに、ペアには角質に浸透して効果を現すリキッドタイプも、しこりニキビにオススメです。

・ ペアアクネリキッド治療薬

このように、市販の治療薬を使っても治らない場合は、しつこい跡になって改善が難しくなるかも知れないので、早めに皮膚科を受診して医師に治療してもらってくださいね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、顎ニキビのしこりの原因と治し方、また、膿や痛い時の対処法や治療薬などについても詳しくお伝えしました。

顎ニキビのしこりはアクネ菌が原因になって炎症を起こし、赤く膿んでいるタイプと、老廃物によって皮膚の奥で皮脂が詰まっている2タイプがあり、悪化しやすく繰り返すことが多いので一日も早い対処が必要なのでしたね。

そして、まずは手で触らないように気をつけながら、栄養バランスや食習慣を見直し、低刺激のスキンケアに切り換えることが重要なのでした。

それから、痛みや膿があってつらい時には、オロナインやペアアクネシリーズなど市販で買える治療薬で対処することをオススメしましたが、それでも治らない場合は跡になってしまうかもしれないので、無理せず早めに皮膚科を受診してくださいね!

スポンサーリンク