Pocket

ニューヨーク発のオーガニックスキンケアブランド「キールズ」では唇のケア商品も充実していて、ハーブなど天然由来成分を配合した製品がたくさん展開されています。

なので、キールズリップのリップバームやリップクリーム、リップトリートメント、リップスティックなどの種類やメンズ用などの違いについて知りたいのではないでしょうか。

それから、キールズリップシリーズの使い分けのポイントも気になりますよね。

そこで今回は、キールズリップシリーズの種類と違い、また、使い分けのポイントなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

キールズリップシリーズの種類と違い

キールズのリップケアシリーズには、大きく分けて、

1、キールズリップバーム(チューブタイプ)

2、キールズリップトリートメント(スティックタイプ)

の2種類があり、それぞれ特徴があるのでチェックしていきましょう。

キールズリップバームの特徴は?

キールズリップバームは保湿力が高く、伸びも良いので少量でも唇全体がもちもちになると話題です。

その中でも人気なのが「キールズリップバームno.1」で、こちらにはスクワラン、ワセリン、アラントインなどの整肌成分や保湿オイルがたっぷり含まれているので、唇をしっとり潤い豊かに仕上げることができます。

そして、no.1には無香料のオリジナル、ペア、ミント、クランベリー、期間限定でマンゴーの香りがあり、特にマンゴーはとっても人気で何度も売り切れているようですね。

それから、香り付きは自然な色つきもあるので、10代の頃に使っていたような色つきリップとしても使えるそうです。

また、キールズフェイシャルヒュールリップバームフォーメンは、スクワランやシアバター、ホホバ配合の保湿力抜群のリップバームですが、仕上がりがマットなので男性にオススメです。

さらに、ベビーリップバームにはシアバター、ビタミンEなどの植物由来の保湿成分が配合されていて、その名の通り赤ちゃんも使える添加物ゼロの製品なので、敏感肌の方などにオススメですね。

ちなみに、キールズリップバームに関する商品の詳細や口コミについては次の記事で紹介しているので、合わせてチェックしてみてくださいね。

(関連記事:キールズリップバームの成分や使い方とヒリヒリなど悪い口コミ!

キールズリップトリートメントの特徴は?

スティックタイプのキールズリップトリートメントは、レモンバターとココナッツオイルをメインに配合しているので、デリケートで薄い皮膚の唇を優しく保護してくれるので、こちらも保湿はばっちりできます。

そして、リップトリートメントの方の特徴はリップバーム以上に色つきが良く、口紅を塗るほどでもないけどちょっと発色が気になる方にオススメで、色が特に特徴的なのはローズとベリーだそうです。

それ以外にも、自然な感じに仕上げられるヌードもオススメですし、色なしが良ければオリジナルもあるそうで、SPF25対応なので日差しが気になる日にも使いたいですね。

また、中でも特にローズは人気で、何度も売り切れが続出しているようです。

ちなみに、キールズリップトリートメントに関する商品の詳細や口コミについては次の記事で紹介しているので、合わせてチェックしてみてくださいね。

(関連記事:キールズリップトリートメントの成分や悪い口コミ!人気色はコレ!)

スポンサーリンク

キールズリップシリーズの使い分けのポイント

キールズリップシリーズの特徴について紹介してきましたが、バームの方はリップトリートメントよりも日頃の唇の保護に向いていそうでした。

なので、保湿が気になる時期にこまめに塗ったり、夜寝る前に塗ってラップをすると、パック効果もあって良さそうですね。

一方で、リップトリートメントの方は発色の良さが特徴なので、口紅などを塗るほどでもないけど、血色の良い健やかで美しい唇を演出したい時に使ったり、スキンケアの自然な仕上げとして使うと良さそうです。

もちろん、リップバームを保湿用に使い、リップトリートメントを色つけとして重ねる使い方をしている人も多いので、ダブル使いもオススメです。

ちなみに、キールズ製品はオーガニック成分がメインなので、副作用の心配はほとんどないのですが、やはりアメリカ発のブランドで海外の人の皮膚に合わせて作られたものなので、日本人の場合は人によっては肌が荒れてしまうケースも少なくないようです。

なので、敏感肌の方などは事前にパッチテストをしてから使うようにしてくださいね。

*それぞれの最安値のサイトなどは以下の各記事で紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

(関連記事:キールズリップバームの成分や使い方とヒリヒリなど悪い口コミ!

(関連記事:キールズリップトリートメントの成分や悪い口コミ!人気色はコレ!)

 まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、キールズリップシリーズの種類と違い、また、使い分けのポイントなどについても詳しくお伝えしました。

キールズリップシリーズには、大きく分けて日頃の唇の保湿ケアとして使えるリップバームと、血色の良さを演出できる色つきのリップトリートメントスティックの2種類があり、リップバームの方がより保湿度合いは高く、リップトリートメントの方はローズやベリーなど、口紅未満リップクリーム以上の色つきの良さを楽しめるのでしたね。

それから、カラーの展開なども紹介したので、口コミなど使ってみた方の評判のまとめは関連記事を参考にしてくださいね。

このように、用途別に色々と使えるリップケア商品が展開されているので、ぜひ楽しんで使ってみてくださいね!

スポンサーリンク

キールズシリーズの記事一覧で気になる商品の悪い口コミなどをチェック!

キールズ化粧水の口コミやニキビ等への効果!成分や落とし穴も

キールズ美容液の順番などの使い方と悪い口コミ!ニキビへの効果も

キールズクリームの悪い口コミ!種類と使い方や使い分けの仕方も

キールズクレンジングの使い方とマツエクの注意点!悪い口コミも

キールズオイルの使い方や順番と悪い口コミ!ニキビへの効果も

キールズボディクリームの悪い口コミ!種類と使い分けの仕方も

キールズ洗顔料の悪い口コミとおすすめ!使い方とニキビへの効果も

キールズリップシリーズの種類と違い!使い分けのポイントも

キールズリップバームの成分や使い方とヒリヒリなど悪い口コミ!

キールズリップトリートメントの成分や悪い口コミ!人気色はコレ!

キールズアイクリームのくまやしわへの効果と使い方や悪い口コミ

キールズブラーの使い方や悪い口コミと全成分!分離への対処法も

キールズハンドクリームの匂いや悪い口コミ!男性でも使える?