Pocket

透明感のある美肌を目指す方のためのスキンケアブランド「雪肌精」と、最近コンビニでよく見かける「雪肌粋」というブランドは同じコーセーの製品ですが、その違いは何なのか意外と知らないものですよね。

なので、雪肌精と雪肌粋の違いで、成分やニキビへの効果、値段や対象などの比較が知りたいのではないでしょうか。

それから、雪肌精や雪肌粋の他に、清肌晶もありますが、これとの違いも気になりますよね。

そこで今回は、雪肌精と雪肌粋の違いや効果や対象などの比較をわかりやすく、詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

雪肌精と雪肌粋の違いは?効果や対象など!

コーセーが出している青いボトルの「雪肌精」は、新垣結衣さんが出演するCMなどでとても有名で、ドラッグストアでは薬用美白化粧品として様々な基礎化粧品やコスメ商品を展開していますよね。

そんな雪肌精とよく似たネーミングの「雪肌粋」というブランドで、同じような青いボトルの製品をコンビニで見かけるようになった方が多いのではないでしょうか。

この雪肌粋は、コーセーがセブン&アイと共同開発し、セブンイレブンを中心にコンビニなどで限定発売しているブランドで、雪肌精と同じようにハトムギエキスなどの和漢植物エキスを配合した肌に優しく美白や保湿を追求できるスキンケア化粧品ブランドです。

そして、雪肌精といえば、ハトムギやトウキ、メロスリアなどのエキスで、肌荒れの防止や保湿効果、ニキビの予防効果や改善効果が期待できる和漢植物のエキスを配合することで、みずみずしく潤い、肌のキメが細かいまさに雪のような透明感のある肌が目指せるイメージが定着していますよね。

それから、日焼け止め効果としては紫外線吸収剤なども配合されているため、完全に天然由来のみの成分だけでできているわけではないですが、上記のような植物由来の成分も配合しているため、比較的肌荒れが起きにくく、敏感肌の方でもトライしているのではないでしょうか。

一方で、セブンイレブンで展開している雪肌粋でも和漢植物が配合されているものの、化粧水ひとつとってもハトムギ種子エキス1種類のみに加えて、ビタミンE誘導体のみといったシンプルな配合のため、雪肌精は薬用を謳っているのに対し、雪肌粋は薬用表示はなしなんですね。

そして、値段もだいぶ差があり、例えば、雪肌精の化粧水は200mlで5,000円(税抜き)となかなか良いお値段がしますが、雪肌粋の化粧水ミストは35mlで540円という安さなので、コスパを考えると雪肌粋の方がリーズナブルですね。

ですが、その分雪肌粋が何の効果もないかというとそういうわけではなく、上記の化粧水ミストはニキビへの効果が話題になっていて、ハトムギエキスとビタミンE誘導体がメインでも、ニキビ跡などを改善し、肌を整える効果は十分期待できるそうです。

これはなぜかというと、ハトムギ種子エキスに含まれるヨクイニンに保湿と肌荒れ防止成分の両方が含まれていて、肌の老廃物や汚れをさっぱりと拭き取るのに適しているため、特に夏の暑い時期などには雪肌粋の化粧水ミストを愛用する方が多いようですね。

ただ、値段が安い分、保湿成分などが十分ではなく、雪肌精で人気のハーバルジェルや化粧水でも、保湿感はいまひとつで、全体的にさっぱりとした仕上がりのものが多いようなので、敏感肌の方や乾燥肌の方には向かないという違いがあるようです。

そのため、

・ 雪肌精

美白や保湿が気になり、うるおいも透明感もほしい敏感肌や乾燥肌の方にもOK

・ 雪肌粋

美白や保湿も気になるけど、普通肌で肌荒れしにくく、プチプラのものが使いたい方もOK

という違いがあるようなので、気になっている方は自分が当てはまる方を慎重にチェックするようにしましょう。

スポンサーリンク

清肌晶との違いは?

雪肌粋の他にも、コーセーからは似たようなブランド名で「清肌晶」というブランドが展開されていますが、こちらは肌の汚れを落とすスキンケア化粧品で、クレンジングや石鹸、毛穴の汚れ取りのパックなどがメインの商品のようです。

それに対して、雪肌精は肌に与えるスキンケアがメインで、化粧水や乳液、クリームなどが売れ筋商品のブランドです。

最近でこそ雪肌精にも固形石鹸が販売されるようになりましたが、コーセーの美白洗顔と言えば、清肌晶の黒い薬用石鹸をずっと愛用してきたという方が多いのではないでしょうか?

清肌晶は最近ドラッグストアで手に入りにくくなり、一部の店舗や、免税店などでしか買えなくなっているのですが、ずっとこれを使っているとファンが根強く残っている人気ブランドの一つのようです。

ちなみに、清肌晶からも化粧水が出ているのですが、「清肌晶クリアローション」といってメラニンを含む古い角質を落としてクリアな肌へ導くふきとり用のローションで、やはり「取り除く」ことがメインのようです。

そして、150mlで2,300円(税抜)とのことなので、雪肌精よりは安めですね。

それから、成分としては水やエタノール、カミツレエキスなどがメインですが、トウキ根エキス、ハトムギエキス、桃葉エキスなども含まれているため、さっぱりと吹き上がると同時に適度な潤いを肌に与え、肌荒れを防止する効果も期待できそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、雪肌精と雪肌粋の違いや効果や対象などの比較をわかりやすく、詳しくお伝えしました。

雪肌精と雪肌粋は、どちらもコーセーから販売されているブランドですが、後者はセブンアンドアイとコーセーが共同開発したプチプラブランドで、薬用効果のある和漢植物エキスなどの成分が雪肌精よりも少なく、コスパにも差があるものの、ニキビへの効果は期待できるのですが、保湿の点で今ひとつ雪肌精より雪肌粋の方が劣るようでした。

そして、清肌晶の場合は老廃物や黒ずみなどの汚れを取り除くことにこだわった石鹸や拭き取り用化粧水などがメインのブランドという違いがありましたね。

なので、くすみや黒ずみが気になる方は清肌晶、その上で潤いを与え美白や肌荒れ予防もしたいどちらかといえば敏感肌タイプの方には雪肌精、敏感肌ではないのでそこそこの美白や保湿効果が期待できてプチプラが良い!という方は雪肌粋を試してみてくださいね!

スポンサーリンク