Pocket

乾燥性敏感肌の方は、日焼け止めを選ぶのにも、紫外線吸収剤などの成分が気になって悩んでしまいますよね。

そんな方にもオススメなのがキュレルUVローションなのですが、その成分に紫外線吸収剤が入っているのかといったことや効果、落とし方など使い方のポイントについて知りたいのではないでしょうか。

それから、キュレルUVローションを使った方の口コミも気になりますよね。

そこで今回は、キュレルUVローションの成分や効果と落とし方、また、悪い口コミについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

キュレルUVローションの特徴や期待できる効果は?デメリットも

キュレルUVローションは、乾燥しやすい敏感な肌のセラミドケアをしながら紫外線からもしっかり守れる、SPF50/PA+++の顔・からだ用日焼け止め乳液です。

そして、植物由来の消炎剤として有効成分のグリチルレチン酸ステアリルが配合されているので、日焼け後のほてりも抑えることができますし、潤い成分の潤浸保湿セラミド機能成分、ユーカリエキス、アスナロエキス配合で日焼け止めクリームにありがちな乾燥などの心配もないのが嬉しいですね。

そんなキュレルUVローションは、SPF50にもかかわらず、赤ちゃんのデリケートな肌にもOKとしているので、驚きですよね。

そこで、全成分をチェックしてみました。

・ 成分

グリチルレチン酸ステアリル*、ジメチコン、低温焼成酸化Zn、シクロジメチコン、水、流動イソパラフィン、酸化Zn、アスナロエキス、酸化Ti、BG、ジカプリン酸ネオペンチルグリコール、スクワラン、POE・ジメチコン共重合体、ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド、グリセリン、シリコン被覆タルク、シリコン被覆酸化亜鉛(S)、メチルシロキサン網状重合体、メチルハイドロジェンポリシロキサン、タルク、水酸化Al、ステアリン酸、ユーカリエキス、ワセリン、パルミチン酸デキストリン、架橋型ジメチコン、ステアリン酸POEソルビタン

このように、ジメチコンなどシリコン成分やタルクなども配合されているので、べたつかずさらっと仕上がって、化粧下地として使ってもファンデーションのよれがなさそうです。

それから、紫外線吸収剤は含まれておらず紫外線散乱剤の酸化亜鉛や酸化チタンが含まれているので、紫外線吸収剤による肌への負担が心配な方にもオススメです。

それに、アルコールフリーで無香料、無着色で、スクワランやワセリンも含まれていて、何かと安心して使えそうな印象ではあります。

とはいえ、紫外線散乱剤は白浮きすることが多いですし、これだけ多くシリコンが入っていると、それに対してアレルギーを起こす方も考えられるため、誰にとっても肌トラブルを起こす可能性がゼロというわけではなさそうです。

スポンサーリンク

使い方を分かりやすく!

キュレルUVローションは乳液タイプなので、使う前にはよく振ってから適量を少量ずつ、顔や体にムラなく優しくなじませると良いそうです。

そして、日焼け止め効果を保つために、汗をふいた後などはこまめにつけ直すようにしてください。

それから、落とすときには、顔はメイク落としを使ってよく洗い、体はボディウォッシュをよくなじませ、さっと洗い流すようにしましょう。

また、小さな子供の場合はボディウォッシュを化粧用コットンやタオルに含ませて、やさしく拭き取るように馴染ませてから丁寧に洗うようにしましょう。

口コミや評判まとめ

それでは、キュレルUVローションを使った方の口コミをチェックしてみましょう!

1、 良い口コミは?

・ 口コミ1

子供用で紫外線吸収剤が配合されていないこちらを購入。

試しに自分も使ってみました。

紫外線吸収剤が入っていないので、塗ると白くなりますが伸びが良くて塗りやすく、軽く白っぽくなる程度。

思う以上に刺激が少なくて、SPF50+、PA+++キュレルシリーズは隅に置けません。

マツキヨにて10%オフ。1,458円で購入。

在庫も最後の一本で、売れている様子でした。

低刺激で肌が荒れないので、乾燥肌の自分にも良いなと思いました。

落とす時はもちろん、キュレルのジェルメイク落としを使います。

・ 口コミ2

顔に使用。

クレンジングでスッと落ちる!

日焼け止めとしてコレを塗り、色つきの普通の下地を重ね、コンシーラーでカバーして、ファンデーションで仕上げています。

オイルクレンジング(無印良品)で、するんっと落ちます。

こすらず、手の温度で、じんわりと浮かせる感じで。ポイントメイクは別に落としています。

体には使用したことがなく、石鹸やボディソープ、ハンドソープだけで落とそうと試みたことはないので、そこは分かりません。

適量であれば肌に馴染むのが早く、小鼻だけは軽くティッシュオフする程度。

つけすぎなければ白くもなりません。

さらさらした乳液状なので、ついつい塗りすぎてしまいがちなので、そこだけ注意が必要ですね。

厚塗り注意です。

・ 口コミ3

キュレルのUVクリームをいつも使ってるのだけれども

夏が来たぞーなもんで、もう少し軽い仕上がりでもいいわってんでこちらにチェンジ。

いつもの調子で出したら、うわぁ~

ドバッと出るんですけど。苦笑

ま、出たのは無駄なく塗り塗り。

スルスルーっと塗れる。

いつものクリームとは全然違うね。コレ。

でもこの感触嫌いじゃない。

結構塗っても気持ち悪くない。つか、白くなる白くなるとクチコミされてるコイツだけれども、元が真っ白な液体だから、クルクルと塗り馴染ませるのが肝心かと。

この上にアネッサの下地、おしろいで完成。

ちなみにクレンジングで落ちました。

2、 悪い口コミは?

・ 口コミ1

キュレルを購入して失敗したことがありませんでした、はじめての失敗です。

大失敗です。

顔につけると真っ白になります、時間がたてば少し落ち着きますが、のびが変に良いので本当に少量をだして下さい。

今時こんなに真っ白になる日焼け止めを販売するなんてびっくりです、開発した方達は完成後顔に着けたのでしょうか?

つけて売れないな?と思わなかったのでしょうか?

体はお勧めしません、洋服がダメになります。

・ 口コミ2

白くなるし、ボディソープやクレンジングで全然落ちないです。

ベタつかないけどそんな商品他にもたくさんあるし。

なんで売ってるんだろう。。。

もったいないですが一度で捨てました。

二度と購入しません。

・ 口コミ3

落ちません、オイルクレンジングして、洗顔料で二回洗い、またオイルクレンジングしても落ちません。

怖い。

もう使わない。

出典:@コスメHP

いかがでしたでしょうか?

キュレルUVローションの評判はかなり個人差があり、使いやすい、のびも良い、それほど白くならないなどの声が多かったのですが、悪い口コミはかなり酷評で特に落ちづらい点にマイナスの声があがっていました。

なので、落とす時には良い口コミを参照して、オイルクレンジングを使った方が安全なようです。

スポンサーリンク

こんな方にオススメ!

キュレルUVローションはオイルクレンジングで落とさなければならないので、もともと乾燥気味の方などにはあまり向いていないですね。

なので、普通肌で、できれば肌にあまり負担をかけない日焼け止めにしたい、紫外線吸収剤の使用は避けたいという方にオススメなので、あてはまる方は使ってみてくださいね。

最安値で買える激安ショップはこちら!

キュレルUVローションは、最安値で買える激安ショップを探しておいたので、こちらを是非チェックしてみてくださいね!

・ キュレル UVローションの最安値はこちら!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、キュレルUVローションの成分や効果と落とし方、また、悪い口コミについても詳しくお伝えしました。

キュレルUVローションは、紫外線吸収剤不使用でSPF50でもある日焼け止め効果も高いクリームで、セラミドなど潤い成分も含まれていて、消炎作用もあるので肌荒れを予防しながら保湿もでき、紫外線散乱剤で紫外線防止もばっちりできるとのことでしたが、紫外線散乱剤の白浮きやシリコンなどアレルギーのリスクがある成分もあるのでした。

そして、口コミをチェックすると、使いやすい、伸びも良くて重宝している、といった方も多かったのですが、とにかく落ちないと酷評を書いている方もいたので、落とす時はオイルクレンジングを使った方が安全とのことでした。

なので、気になる方はお伝えした最安値の激安ショップで購入して試してみてくださいね!

スポンサーリンク