Pocket

敏感肌の方にもファンの多い高品質のスキンケアブランド「アテニア」ではファンデーションも充実しています。

なので、アテニアのファンデーションの成分や色、色選びのポイントや、40代や50代におすすめのもの、使い方について知りたいのではないでしょうか。

それから、アテニアのファンデーションを使った方の口コミや評判も気になりますよね。

そこで今回は、アテニアのファンデーションの成分や口コミと色選びのコツ、また、40代など、どういう年代向けなのかについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

アテニアのファンデーションの特徴や期待できる効果は?デメリットも

毎日のメイクのベースを作るファンデーションは、肌に負担をかけないで済むもので、カバー力もあるものが嬉しいですよね。

アテニアでは、肌への負担を考えた配合で、全部で3種類のファンデーションを展開しており、いずれも隠しピンク設計といって、40代や50代のくすみが気になり始める世代の肌でも明るく、トーンアップしたベースメイクができるよう工夫されています。

このように、マットよりでしっかりカバーしたいのなら「UVクリアファンデーションパウダー」、しっかりカバーしつつも艶のある感じにしたいのなら「カバリングクリーミィパクト」、それからナチュラルカバーで艶のある感じにしたいのなら「シルキービジョンファンデーション」があります。

そこで今回は、この中でも特に人気の「UVクリアファンデーションパウダー」と「シルキービジョンファンデーション」の2種類について詳しくお伝えしていきます。

1、 UVクリアファンデーションパウダー

UVクリアファンデーションパウダーは、脂性肌、乾燥肌、敏感肌といったように、ゆらぎやすい肌質の方にオススメのファンデーションで、色はライトピンク、ライトオークル、ナチュラル、ヘルシーオークル、ナチュラルオークルの5色展開です。

そして、SPF25・PA+++で、水あり・水なしの両用だそうです。

そんなUVクリアファンデーションパウダーは、次のような成分が配合されています。

・ 成分

タルク、マイカ、酸化チタン、合成金雲母鉄、(HDI/トリメチロールヘキシルラクトン)クロスポリマー、硫酸Ba、ポリメタクリル酸メチル、酸化亜鉛、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、合成フルオロフロゴパイト、ジメチコン、シリカ、ラウロイルリシン、水溶性コラーゲン、アセチルヒアルロン酸Na、ユキノシタエキス、リンゴ酸ジイソステアリル、ジエチルヘキサン酸ネオペンチルグリコール、ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、トコフェロール、ハイドロゲンジメチコン、メチコン、(ジフェニルジメチコン/ビニルジフェニルジメチコン/シルセスキオキサン)クロスポリマー、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、トリメチルシロキシケイ酸、BG、水酸化Al、ミリスチン酸Mg、トリエトキシカプリリルシラン、ジミリスチン酸Al、含水シリカ、シリル化シリカ、アルミナ、パーフルオロオクチルトリエトキシシラン、塩化Al、水、ラウレス-4、フェノキシエタノール、酸化鉄

このように、UVカットは酸化チタンなどの紫外線散乱剤で行なっているので、紫外線吸収剤のような肌への負担の心配がないですし、アルコールやパラベンはフリー、無香料、無鉱物油といったように肌への優しさが感じられますね。

そして、水溶性コラーゲンやアセチルヒアルロン酸Na、ユキノシタエキスなど保湿成分も配合されているので、適度に潤いつつ、シリコンが多数含まれているのでマットな仕上がりになるといったイメージです。

でも、人によってはシリコンによって肌へ負担を感じる方もいるかもしれないですし、べたつきが残る可能性もあります。

また、色選びについては、次のとおりポイントがあるので、参考にしてみましょう。

この点は、シルキービジョンファンデーションにも共通して言えることですが、どちらかというとイエロー系のナチュラルオークルやヘルシーオークルが40代、50代以降のくすみが気になる肌の悩みをカバーしてくれるので、オススメですよ。

ただし、元々色白など、肌質によって変わるので、タッチアップしてBAさんに決めてもらうのが最も安全です。

そして、自分で選ぶ時は、フェイスラインあたりに乗せてみて、首筋と合うかどうかで判断すると、白浮きしたり、色選びに失敗することはないようです。

2、 シルキービジョンファンデーション

一方、UVクリアファンデーションよりもナチュラルメイク寄りで、ツヤ感重視の方にオススメなのが、リキッドファンデーションのような保湿感のあるシルキービジョンファンデーションです。

こちらも、ライトピンク、ライトオークル、ナチュラル、ヘルシーオークル、ナチュラルオークルの全5色展開です。

そして、SPFは20でPA++なので軽めのおでかけならOKで、無香料、無鉱物油、パラベンフリー、アルコールフリーといった肌への負担は考慮した作りになっています。

そんなシルキービジョンファンデーションには次のような成分が配合されているそうです。

・ 成分

タルク、合成金雲母鉄、酸化チタン、ナイロン-12、マイカ、(HDI/トリメチロールヘキシルラクトン)クロスポリマー、合成フルオロフロゴパイト、酸化亜鉛、窒化ホウ素、ジメチコン、テトライソステアリン酸ポリグリセリル-2、ミリスチン酸Mg、水溶性コラーゲン、アセチルヒアルロン酸Na、シリカ、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、トリメチルシロキシケイ酸、菱亜鉛鉱抽出物、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、エチルヘキサン酸セチル、スクワラン、リンゴ酸ジイソステアリル、ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)、合成ワックス、野菜油、ミリスチン酸、トコフェロール、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、ハイドロゲンジメチコン、メチコン、BG、水酸化Al、ステアリン酸Mg、ヒドロキシアパタイト、塩化Al、パーフルオロオクチルトリエトキシシラン、シリル化シリカ、水、セスキイソステアリン酸ソルビタン、ラウレス-4、フェノキシエタノール、酸化鉄

このように、UVクリアファンデーションに比べてジメチコンなどシリコンを主体とした化学成分が多めに配合されているので、乾燥肌や敏感肌の方向けにどうかは不安が残るところですが、紫外線防止は酸化チタンなどの紫外線散乱剤で行なうようなので、この点は安心ですね。

スポンサーリンク

使い方を分かりやすく!

アテニアのファンデーションは、公式サイトに使い方のポイントが掲載されているので、参考にしてみましょう。

そして、どちらのファンデーションも、頬や鼻まわりや生え際は極薄に塗り、フェイスラインはぼかすように塗るのがポイントで、顔の中心から外に向かって円を描くように塗るとのことなので、やってみてくださいね!

口コミや評判まとめ

それでは、ファンデーションを使った方の口コミをチェックして行きましょう。

UVクリアファンデーションパウダーの口コミは?

1、 良い口コミは?

・ 口コミ1

下地とファンデーションだけで、十分仕上がるのでメイクの時短にもなり、子どもを待たせないで済むのも助かっています!

今日のメイクいい感じだね~とママ友に褒められたのも嬉しかった!

しかもお安いから、オススメしやすい!色んな人に推薦しています(笑)

・ 口コミ2

初めてだったけど、安いし昼間に少し塗りなおすだけだからいいか、と、軽い気持ちで購入しました。

ところがですよ!!

朝使ってみたら、仕上がりがきれい!!

化粧のりの悪い肌をしているので、パウダーだと、スジみたになったり、それを伸ばそうとドンドン汚くなっていき・・・

でもこれは化粧のりの悪い私の肌でもキレについてくれたんですよ。

そして屋外で仕事をしているので、日中は汗かきまくりなんですが、崩れ方も汚くなかったんです。

ちなみに色は14番です。

日焼けしているので。

ちょうどいい具合でした。

・ 口コミ3

すごく綺麗に仕上がりました。

ピンクっぽさは感じず。

普通に明るめのベージュオークルで、赤みも黄みもそんなに主張しないから使いやすい。

マットだけど、よーく見たらほわっとツヤもあり。特に頬の高いところと鼻筋のツヤが綺麗。

下地は日焼け止め塗って、それから資生堂のフルメイクウォッシャブルとかいうやつ。

クレンジング要らへん下地。

相性がええんかも?

めちゃくちゃ綺麗な仕上がりで大満足。お湯でオフできるっていうあれです。

2、 悪い口コミは?

・ 口コミ1

私は、普通より黄味がありまして、他のメーカーさんだと標準色のオークルベージュとなり13番が時間が経って丁度良い感じと思えるほど黄色くなります。

当然、付けたては白浮きしています。

ここまでは良いのですが、私、あまり油浮きするタイプでないのですが、ファンデーションなじむ頃には小鼻のファンデーションが汚い状態で剥がれているのです。

アテニアの下地、今までの下地で両方試しましたが、同じ状態でした。

夏を過ごすには無理と言う事で返品。

・ 口コミ2

すぐ、いつものファンデーションに塗り直しました。

アテニアさんは気にいってたのですが、スキンケアもアロマみたいになり、リニューアルが若干残念な感じです。。

以前のピンクと白の無香料の化粧水~乳液などが良かったのになー。

出典:@コスメHP

シルキービジョンファンデーションの口コミは?

1、 良い口コミは?

・ 口コミ1

ファンデーション自体は、綺麗につくし、なにより乾燥して粉っぽくならない点が気に入りました。

カバー力は普通。

でも重ねても厚塗り感が無いので、気になる個所は重ね塗りで。

私は肌に異常も出なかったです。

汚い崩れ方もしない。

あ、ちょっとしたことですが、ファンデーションのリフィルの裏側が「ねちょっとしたのり」みたいなのじゃなく、シールなのはGood!

・ 口コミ2

乾燥肌なので、この時期はもうツヤって感じではないです。

リキッド生まれのって言われれば「そうなの?」って感じ。

しっとりな粉質です。

つけた感じは、前のエアリークチュールパウダーファンデーションほどではないにせよ、
ややフォギーです。

色は、やはり若干暗めに出るので、1段明るめでセーフでした。

ちなみに、夏用のホワイトファンデーションは標準色15(黄味よりオークル)で、
今回は12番(やや明るめの黄味よりオークル)です。

肌に負担もないし、カバー力もエアリークチュールよりはある。

アテニアの難点の鼻周りの崩れも大分良くなり、あまり気になりません。

パウダーで簡単に終わるわりには、綺麗な仕上がりだし。

2、 悪い口コミは?

・ 口コミ1

口まわりと額や眉のあたりに、特にピリピリ刺激があります。

フェイスラインや法令線、鼻のあたりはムズ痒い。

フェイスラインにいたっては、あんまり痒いので手をやったら虫刺されみたいにブクッと。

その蚊にさされたようなボコボコが、こめかみ付近に数か所。

ファンデの仕上がりは、カバー力がそんなに高いわけでもないしツヤが出るわけでも。
マットというほどではないけど、ピンク味が微妙に主張&全体的に前より暗めになって
なんだか「対象年齢が高めのファンデ?」ってカンジに。

ホワイトのほうのファンデの色が合わなくて撃沈だったけど、まだあっちは質はいい。
それに刺激もなかったです。

でも、こっちは色も刺激もとダブル攻撃で撃沈。

結局カバー力もないし、これを使うメリットが何ひとつないのが残念です。

・ 口コミ2

商品が届いた時、既にメイクしていたので、その上から試し塗りをしました。

時間がたってもかさつかず、くすまず、良い感じでした。

翌日、普段使用している下地の上に塗ったら、すぐに顔がかゆく、赤くなってしまいました。

残念です。

出典:@コスメHP

いかがでしたでしょうか?

どちらも口コミ自体あまり多くなく、それほど評判が良くないようで、人によっては肌荒れを起こしてしまったり、年齢が若めの方には古くさい仕上がりになったりといったことがあったようですね。

スポンサーリンク

こんな方にオススメ!

アテニアのファンデーションは、40代以上の年齢肌の方向けにオススメで、わりとしっかりとカバーできた感じの仕上がりが好きな方が使うと良いでしょう。

でも、人によっては肌荒れを起こしてしまうので、不安な方はパッチテストをしてから使うと良いでしょう。

最安値で買える激安ショップはこちら!

早速購入してみたい!という方向けに、最安値で買える激安ショップを探しておいたので、参考にチェックしてみてくださいね。

・ アテニア UVクリアファンデーションパウダー(各色)の最安値はこちら!

・ アテニア シルキービジョンファンデーション(各色)の最安値はこちら!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、アテニアのファンデーションの成分や口コミと色選びのコツ、また、40代などオススメな年代などについても詳しくお伝えしました。

アテニアのファンデーションの中でも、今回はマットな仕上がりになるUVクリアファンデーションと、軽いナチュラルな仕上がりになるシルキービジョンファンデーションの2種類を紹介し、紫外線吸収剤不使用な点や、色選びのポイントについてお伝えしました。

そして、口コミをチェックすると、どちらもあまり評判が良くなく、しっかりカバーできる感じの仕上がりで40代以上の方に向いているようなので、肌荒れが起きないかの確認も兼ねてタッチアップしてから選ぶと良いでしょう。

それから、気になる方は最安値の販売場所もお伝えしたので、こちらをチェックして試してみてくださいね!

スポンサーリンク