Pocket

オイデルミンは資生堂で戦前から販売されている歴史あるスキンケアブランドなので、若い方は知らない方が多いかもしれないのですが、最近にわかにブームになってきているそうなんです。

なので、オイデルミンの成分やニキビ、毛穴への効果や匂いの特徴、使い方のポイントや使った方の口コミについて知りたいのではないでしょうか。

それから、オイデルミンが売ってないといった声や、確実に手に入る通販も気になりますよね。

そこで今回は、オイデルミンの成分や使い方とニキビなどへの効果、また、口コミについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

オイデルミンの特徴や期待できる効果は?デメリットも

オイデルミンは、レトロなボトルデザインが昭和の雰囲気を持っていて、ついついお部屋に飾っておきたくなる化粧品ですよね。

それもそのはず、実はオイデルミンは1897年に発売され、それまで医薬品事業を中心としていた資生堂が初めて化粧水を売り出した、歴史のある化粧水なんです。

そして、100年以上もの長い年月をくぐり抜け愛されてきた製品だからこそ、今また再注目を浴びているのですね。

そんなオイデルミンですが、保湿することが目的ではなく、まずは肌をきれいにするための「拭きとり用化粧水」の効果があります。

例えば、朝起きてすぐ、洗顔ができない時や、肌の油分をスッキリさせたい時、軽いメイク汚れを落としたい時など、様々なシーンで活躍でき、肌を清潔に保つのでニキビなどができにくくなり、収れん作用もあることから毛穴の開きも目立たなくなる効果があるそうです。

そして、オイデルミンには「オイデルミン(N)」と「オイデルミン(G)」があるようです。

・ オイデルミン(N)

・ オイデルミン(G)

オイデルミンNが昔から変わらないタイプで、オイデルミンGの方は1997年に現代の女性に向けて処方内容がリニューアルされた製品のようです。

ちなみに、オイデルミン(N)の方の成分は、

・ 成分

水、変性アルコール、プロピレングリコール、グリセリン、オクチルドデセス-20、クエン酸ナトリウム、エデト酸塩、クエン酸、パラベン、香料、赤色401号、黄色203号

といった物が配合されており、変性アルコールが含まれているのでアルコールフリーで肌に負担のないものが良い、と思う方にはためらってしまう成分配合ですね。

それに、パラベンや香料、色素なども含まれているので、化学成分無添加にこだわる方にはオススメできません。

一方、リニューアル後のオイデルミンGについては、次のような成分が配合されています。

・ 成分

水,BG,変性アルコール,グリセリン,メチルグルセス-10,DPG,ベタイン,シクロデキストリン,ヒアルロン酸ナトリウム,PEG-60水添ヒマシ油,キサンタンガム,アルギニン塩酸塩,塩化マグネシウム,PCA,塩化カルシウム,オキシベンゾン-4,エデト酸塩,カルボマーカリウム,(アクリル酸/アクリル酸アルキル(C10-30))コポリマーカリウム,パラベン,フェノキシエタノール,香料

変わらず変性アルコールが入っているので、やはり拭きとり用化粧水なんですが、BG(ブチレングリコール)やヒアルロン酸ナトリウムなどの保水成分が加わったので、古いタイプに比べたら乾燥肌の方などでも安心して使えるかもしれません。

ちなみに、古いタイプのオイデルミンはたったの500円(200mlあたり)ですが、リニューアル後のオイデルミンGは1本あたり6,000円(125mlあたり)だそうです。

スポンサーリンク

使い方を分かりやすく!

オイデルミンはオイデルミンN、オイデルミンGともに、洗顔の後か、洗顔代わりにコットンに500円玉硬貨大のやや多めの量を含ませ、顔全体から首筋まで拭くようにして馴染ませると良いそうです。

そして、特にオイデルミンNの後や、乾燥肌の方は、拭き取った後に保湿用の化粧水を重ねてつけるようにしてください。

口コミや評判まとめ

それでは、使った方の口コミについてチェックしていきましょう。

オイデルミンNの口コミは?

1、 良い口コミは?

・ 口コミ1

もう3本目くらいです。

クレンジング不要なレベルのちょっとした薄いお化粧は肌への負担を減らすためにこれで落としておしまいにしてます。

良く落ちますし、本当にお肌スッキリ。

家での使用のみでなく小さな容器に移してコットンと持ち歩きしているのですが、仕事帰りにお出掛けすることになった時には大活躍です!

仕事中に崩れまくったメイクは、Tゾーンなど崩れの酷い部分のみふき取ってそこだけお直しするとメイクしたてのようになります。

ふき取り化粧水の中でもかなりお手頃な価格ですし、めちゃめちゃ重宝しています。

ためらわずに使える価格なの本当に嬉しい。

・ 口コミ2

だいぶ前からずっと探していたんですが、偶然立ち寄ったドラストでついに発見(\500)!!

思った以上に可愛くて、ヴィンテージの香水瓶や化粧瓶大好きなわたしにとってはパケも色も全てがツボで即買いです。

(資生堂・ヴィンテージの瓶と同じく、蓋上部に花椿のロゴ入ってましたね!!)

(*^^*)これを期に、メイク用品エリアを整理したいくらい乙女&淑女です♪女子力にダイレクトに訴えかけられます。

香りはキッズ用に出てるお化粧品みたいな(人工的)バラの香りです。バラ好きなので何の問題もございませんが・・・(´ー`)

化粧水前にふき取ってみて、落ち着いたら化粧水を。

アルコール臭は目立ちますので目元は避けましたが、そこまで乾燥する印象はなかったです。

化粧水でちゃんともっちりなりました。

・ 口コミ3

インスタでもよく見るので、気になった化粧水でした。

ロングセラーのふきとり化粧水だったんですね。

ぱっと見は、化粧水だと思わなかったので、びっくりです。

さっぱりと仕上がるのに、潤いがちゃんとお肌にとどまるので、メイク前の必需品です。

2、 悪い口コミは?

・ 口コミ1

皆さんおっしゃっているように、においは独特です。

私は理髪店を思い出しました。

理髪店で男の人が顔を剃ってもらった後につけてもらう化粧水のようなもののにおいがします。

拭き取ったらすぐににおいが飛ぶだろうと思っていましたが、お昼になっても消えず…私がにおいに敏感なせいでしょうか。

ボトルも色もかわいいですが、化粧水自体に色をつけなくてもいいのでは…と思いました。

処分も大変なので、ボトルをプラ容器にして、ボトルにピンク色をつけたらよいのではないかと思います。

香料ももう少し女性らしい香りか、もしくは無香料でもいいかな、と。

拭き取り効果に期待したいところですが、使い始めて間もないので様子を見てみます。

プチプラなので、香りと容器が改善されると嬉しいです。

・ 口コミ2

匂いは、家族から苦情がくるほど強烈でした…(笑)薬品とお花の香りを混ぜた感じ。

で、拭き取りですが…特に効果なし…。

コットンが茶色くなったとか、毛穴が引き締まった等の効果は全くありませんでした。

リピートはなし。

・ 口コミ3

敏感・乾燥肌であるのは分かっていたけどありえないほど乾燥します。

そして肌が痩せてしわが増えました。(T_T)

その後使用をやめて、ケアしましたが未だ回復しきれていません。

自業自得だけど、安物買いの銭失いでした。。

出典:@コスメHP

オイデルミンGの口コミは?

1、 良い口コミは?

・ 口コミ1

学生時代からの愛用品。

コットンに染み込ませて、いくら肌を撫でてもコットンが毛羽立たず、スルスルと肌を潤してくれます。

一度使うだけで他の化粧水とは違うと肌が教えてくれますよ!

・ 口コミ2

母が何年も前から使っているので、たまに自分の以外のを使ってみたい時や贅沢したい時に図々しくも使います(笑)

*メリット

・少量でももっちりな肌質になります。頬に手を当てて、離すと手に頬が吸い付きます。

・ 何かいい匂い。でも何の匂いなんだろう・・・。

・ 怪しいような魔法のような色をした瓶なので、子供の頃の私は不思議なものと認識していました。

・ 毎日使っている母は、年の割にはシミやそばかすや小ジワが少ないと思います。

*デメリット

・高い!( ;∀;)

・ 口コミ3

肌が荒れた時の救世主です。

荒れてゴワゴワになった肌を優しくコットンでふき取るように潤すと、肌が柔らかくなりピリピリ感がひきます。

もう20年以上使っています。

2、悪い口コミは?

・ 口コミ1

トーニングローションと言ってもそこまで角質を拭き取るような感覚はなく普通の化粧水と言った所でしょうか。

もちろんこれだけでは保湿力が足りないので化粧水も使用します。

ボトルの口が小さいのでコットンに出しにくいのと、ボトルが細長くスキンケアをまとめて入れてるバニティにギリ入らない位です。(一応特大)

・ 口コミ2

母のを時々借ります。化粧水の前に使うとのことで、私には高いし効果のほどもよく分からないので、必要性がよく分かりません…高いばかりのような…

・ 口コミ3

でもですね、かすかなとろみは感じるけれど、テクスチャーも保湿感も、「別に」という感じ。

そうなんですよね。

可もなく不可もなくっていうもの。

これだったら、私違う方がいい。

夜用の化粧水はディオールのカプチュール2を使用。

可もなく不可もないのだったら、明日からはさっき買ってきた、ドルックスの化粧水使おう。

朝は守る、夜は回復と育む。この考え方はぶれないぞ。

出典:@コスメHP

いかがでしたでしょうか?

オイデルミンNの方は肌質を選ぶようで、敏感肌や乾燥肌の方には刺激が強過ぎ、かえって荒れてしまった方も多くいましたし、匂いが子供のおもちゃのようなきついエタノールの人工的な香りで、家族にも評判が悪いという声もありました。

一方で、オイデルミンGの方は全体的に評判が良く、肌荒れを起こした方はいませんでしたし、匂いが気になると言った声もなかったのですが、人によっては可もなく不可もなくで、お値段程ではないと感じた方もいたようです。

スポンサーリンク

こんな方にオススメ!

オイデルミンNの方は、

・ 肌質は安定的

・ プチプラで肌の汚れ等をすっきり落とせるのを探している

・ レトロなデザインが好き

という方にオススメです。

そして、オイデルミンGの方は、

・ 拭きとりだけでなく保湿も重視している

・ 効果が実感できるなら値段が高くても検討する

といった方にオススメなので、当てはまる方は試してみてくださいね。

最安値で買える激安ショップはこちら!

オイデルミンは口コミにもありましたが、ドラッグストアでも置いてないところが多く、置いていたとしてもなんとなく目立たないコーナーに置かれていたりするので、売ってない!と思う方が多いようですね。

そこで、確実に購入したい方のために、最安値の激安ショップを探しておいたので、ぜひこちらをチェックしてみてくださいね。

・ オイデルミンNの最安値はこちら!

・ オイデルミンGの最安値はこちら!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、オイデルミンの成分や使い方とニキビなどへの効果、また、口コミについても詳しくお伝えしました。

オイデルミンは100年以上の歴史がある資生堂発の化粧水で、拭き取り、肌を清潔に保つことでニキビができにくくなったり、毛穴が目立たなくなるなどの効果が期待でき、古いタイプのオイデルミンNと保水効果を高めて1997年にリニューアルしたオイデルミンGの2種類があるのでした。

そして、口コミをチェックするとオイデルミンNの方は匂いが臭い、肌荒れしてしまったなど酷評も多かったのですが、オイデルミンGの方は評判が良く、重宝している、拭き取りもできて保湿効果もあるといった声もありました。

そんなオイデルミンはNの方はなかなかドラッグストアでも見つからないことが多いので、気になる方はお伝えした最安値の販売ショップをチェックして、ぜひ試してみてくださいね!

スポンサーリンク