Pocket

プチプラコスメで人気のキャンメイクでは、実はベースメイク商品も隠れた人気で、その一つがアイシャドウベースです。

なので、キャンメイクのアイシャドウベースのPPやSBなどの色の種類やどっちが良いかといった色選びのコツ、成分やアイプチやハイライトへの効果、使い方で塗り方や順番も気になりますよね。

それから、キャンメイクのアイシャドウベースの口コミでよれるといった声も気になるのではないでしょうか。

そこで今回は、キャンメイクアイシャドウベースの使い方、また、色はどっちが良いのか、といったことなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

キャンメイクのアイシャドウベースの特徴や期待できる効果は?デメリットも

キャンメイクは値段が非常に安くほとんどがワンコインで買えるプチプラブランドですが、安全性も高く効果もばっちりで優秀と話題ですよね。

そんなキャンメイクから出ているアイシャドウベースは、くすみがちなまぶたをカバーして、アイシャドウの発色や持ちをUPする効果があるそうです。

それから、色はPP(ピンクパール)とSB(スキンベージュ)の2色があり、色白でブルベ系統の方にはPPが、肌色でやや黄みがかったイエベ系の方にはSBがオススメだそうなので、色選びの時の参考にしてくださいね。

そんなキャンメイクのアイシャドウには次のような成分が配合されています。

・ [SB]の成分

ジカプリン酸ネオペンチルグリコール、トリエチルヘキサノイン、水添ポリイソブテン、ヘキサヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル、スクワラン、メタクリル酸メチルクロスポリマー、ジメチコン、トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2、ポリエチレン、(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー、マイクロクリスタリンワックス、セスキイソステアリン酸ソルビタン、キャンデリラロウ、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、シリカ、トコフェロール、メチコン、ミリスチン酸オクチルドデシル、ヒアルロン酸Na、カミツレ花エキス、マイカ、酸化チタン、酸化鉄

・[PP]の成分

ジカプリン酸ネオペンチルグリコール、トリエチルヘキサノイン、水添ポリイソブテン、ヘキサヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル、スクワラン、メタクリル酸メチルクロスポリマー、ジメチコン、トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2、ポリエチレン、(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー、マイクロクリスタリンワックス、セスキイソステアリン酸ソルビタン、キャンデリラロウ、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、シリカ、トコフェロール、メチコン、ミリスチン酸オクチルドデシル、ヒアルロン酸Na、カミツレ花エキス、マイカ、酸化チタン、酸化鉄、アルミナ

このように、プチプラだからといって安っぽかったり、化学的な成分ばかりということもなく、パラベンや防腐剤、紫外線吸収剤、アルコール、タール色素などは使われていないので、比較的安全性は高く、かゆみなどの副作用の心配もなさそうです。

そして、上品でほどよいパールが配合されているので、目元を明るく見せるハイライト効果がありつつ、よれてしまいがちなアイシャドウを長持ちさせてくれそうです。

スポンサーリンク

使い方を分かりやすく

キャンメイクのアイシャドウは、少量を指でまぶたに丁寧に伸ばして肌になじませてから、上にお手持ちのパウダーアイシャドウを重ねるのがポイントだそうです。

そして、アイプチをしている方は特にアイシャドウが使いづらいと思いますが、このベースを使うとアイプチの中でも使いやすくなるそうですよ。

口コミや評判まとめ

それでは、キャンメイクアイシャドウベースを使った方の口コミをチェックしていきましょう。

1、 良い口コミは?

・ 口コミ1

薄いピンク色のパール入りのアイシャドウベースです(*^^*)

アイシャドウベースを探していて、大好きなキャンメイクから出ていたので選びました♪

私はアイシャドウベースとしてだけではなく、これのみでアイメイクを済ませたり、ハイライト・涙袋・パウダーチークの上に重ねてツヤを出したりと多用に使っている、お気に入りなコスメです(*´ω`*)

チープで多種多様な使い方が出来るオススメコスメでーす(*>∀<*)

・ 口コミ2

私の毎日メイクに欠かせない一つ。

脂性肌のため汗でメイクが落ちやすい私。

案の定アイメイクもすぐによれてしまうのですが、こちらをつけることによりヨレで崩れることを防いでくれるようになりました。

色見はPPを使っていますが目元がぱっと明るくなるしアイシャドウの色味の邪魔をすることもないしなによりクリームっぽいテクスチャーなのですぐに伸ばせて使いやすいです。

・ 口コミ3

ピンクの方をハイライトとして使ってます。

リキッドファンデーションの後に目の下や鼻筋にポンポン馴染ませてプレストパウダーで仕上げると、さりげないツヤ肌になれます。

お値段以上の働きです♪

なかなか減らないのでコスパもいいと思います(^-^)

2、 悪い口コミは?

・ 口コミ1

ルナソルのを愛用していて、プチプラも試してみたくて購入。

ちゃんとベースとして働いてくれて優秀でした。

ただ、日焼けしてピンクベージュが浮いてきて、目頭やその付近のハイライトとして使う方がよくなってきました笑

ルナソルと比べると固形コンシーラーっぽくてルナソルの方がリキッドっぽくて塗りやすく、アイシャドウを捕らえて崩れにくい感じがしました。

・ 口コミ2

一度使ってなんか違うな??と思いお蔵入りしてます。

目元が明るくなりますが、上につけるシャドウのフィット感はそこまでないように感じました。

その代わりキャンメイクの別のチューブ型の下地を愛用してます。

・ 口コミ3

PP使用。

使った感じはあまり変わらないかな?と。

でも塗ってたほうがいいのかなー?と思って使ってます!

可もなく不可もなく、かな!

出典:@コスメHP

いかがでしたでしょうか?

効果が分かりにくいという声も一部ありましたが、ハイライトとして使用するならPPを目元以外に使っても便利で、アイシャドウの発色が良くなったという声がありました。

でも、日焼けすると色が浮いてしまうそうなので、日焼けを感じたら少し使用を控えた方が良さそうですね。

スポンサーリンク

こんな方にオススメ

キャンメイクのアイシャドウベースは、

・ 目元がくすみがちでアイシャドウの発色が悪い

・ ハイライト効果のある目元下地を探している

・ プチプラが好き

という方にオススメなので、当てはまる方は是非試してみてくださいね。

キャンメイクのアイシャドウベースの最安値はこちら!

キャンメイクのアイシャドウベースを使ってみたい!という方のために最安値の販売場所を探しておいたので、気になる方は参考にチェックしてみてくださいね。

・ キャンメイク アイシャドウベースの最安値はこちら!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、キャンメイクアイシャドウベースの使い方、また、色はどっちが良いのか、といったことなどについても詳しくお伝えしました。

キャンメイクのアイシャドウベースは、PPとSBの2色があり、アイシャドウの前に使うとアイシャドウの持ちを良くしたり、ハイライト効果でぱっと明るい印象の目元にしたりと便利な一品で、成分も安全性が高く、副作用の心配はなさそうでした。

そして、口コミをチェックするとくすみがちな目元の方でもアイシャドウの発色や持ちが良くなり便利という声が多く、PPはハイライトとして目元以外でも便利のようでしたね。

そんなキャンメイクアイシャドウベースの最安値もお伝えしておいたので、ぜひチェックして試してみてくださいね!

スポンサーリンク