Pocket

顔のシミに悩む人の間で「本当に消えるの?」と話題なのが小林製薬のケシミンクリームですよね。

なので、ケシミンクリームの成分や、ニキビやニキビ跡、シミ、ほくろ、そばかす、くま、毛穴などへの効果や美白効果、メラノCCとの違い、使い方のポイントについて知りたいのではないでしょうか。

それから、ケシミンクリームはちくびにも使えるのか、また、使った方の口コミも気になりますよね。

そこで今回は、ケシミンクリームの使い方や効果と口コミ、また、ほくろやシミは消えるのか、といったことなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ケシミンクリームの特徴や期待できる効果は?デメリットも

ケシミンクリームは、シミの原因となるメラニンの生成を抑えることが特徴のクリームで、肌を調え、すこやかな状態になることから肌荒れやあせも、ニキビなどにも効果を発揮することができるとされています。

そして、有効成分としては、次の3つが配合されています。

・ L-アスコルビン酸2-グルコシド

L-アスコルビン酸2-グルコシドとは、いわゆるビタミンC誘導体のことで、もともと成分がもろく、肌から吸収されにくいビタミンCを吸収しやすく改良したものです。

そして、ケシミンクリームのビタミンC誘導体は、肌の角質層まで集中的に浸透し、メラニン生成の原因となる酵素・チロシナーゼの働きを抑えることで、シミができるのを防ぐことができるそうです。

このほか、ビタミンCには抗酸化作用があるので、肌の老化を防ぎ、毛穴を引き締めるといった効果が期待されています。

・ グリチルレチン酸ステアリル

グリチルレチン酸ステアリルは生薬の甘草由来の成分で、抗炎症作用が特徴なのですが、紫外線でダメージを受けた肌の炎症を鎮静化する効果があるそうです。

・ トコフェロール酢酸エステル

トコフェロール酢酸エステルはいわゆるビタミンEのことで、ビタミンCと同じように美肌に欠かせない成分であり、ケシミンクリームでは血行促進効果が期待されていて、これによって肌のターンオーバーを活性化させ、メラニンの排出を促す効果が期待されています。

そして、このほか、ビタミンEにはアンチエイジングに欠かせない抗酸化作用もあるので、皮脂の酸化防止や肌のバリア機能を高める効果も期待されているそうです。

このように、ケシミンクリームはシミを漂白するというよりは、シミができにくい肌を作る、またはできてしまったシミをこれ以上濃くしないようにする、といった効果があることが分かります。

そして、シミやそばかすを「防ぐ」「悪化を抑制する」作用はありますし、L-アスコルビン酸2グルコシドによって毛穴を引き締め、グリチルレチン酸ステアリルによってニキビができにくい肌へと整えることもできそうです。

それに、トコフェロール酢酸エステルによって血行促進効果が現れると、くまの改善にも良さそうですし、ニキビ跡なども改善されていくかもしれません。

ただし、美白効果があるわけではないので、できてしまったシミやニキビ跡、くまなどの色素沈着を漂白していく効果はなく、ちくびなどの黒ずみに対しても効能があるとはいえません。

メラノCCとの違いは?

ケシミンクリームのようにドラッグストアで購入できるしみに効果のある製品としてロート製薬の「メラノCC」がありますが、どのような違いはあるのでしょうか?

出典:敏感肌のスキンケア研究所HP

まず、ケシミンクリームは白いクリームのようなテクスチャーなのに対して、メラノCCは透明の美容液のような状態で、メラノCCは使い方についても「美容液」としての位置づけで紹介していますね。

そんなケシミンクリームとメラノCCには成分のところで違いがあり、ケシミンクリームは前述でお伝えしたとおり、アスコルビン酸、トコフェロール酢酸エステル、グリチルリチン酸ステアリルの3種類が有効成分なのに対し、メラノCCはアスコルビン酸、トコフェロール酢酸エステルまでは共通しているものの、グリチルリチン酸ステアリルは配合されていません。

その代わり、グリチルリチン酸ステアリルと同じように抗炎症作用があるグリチルリチン酸ジカリウムが配合されており、さらにメラノCCには殺菌作用があり、ニキビケアなどの効果が高いイソプロピルメチルフェノールも配合されているのです。

なので、メラノCCはシミ対策だけでなく、ニキビやニキビ跡にもケアができますよ!と主張しているのですね。

とはいえ、こうしたニキビやニキビ跡も殺菌作用でもって改善効果が期待できる、というのは一長一短で、必要とされる菌まで殺菌してしまう可能性があるので、ニキビ肌以外の方が使うのはちょっと気をつけた方が良いと言えます。

そのため、有効成分が多いからといってメラノCCの方がケシミンクリームより優れているというわけではなく、肌質によって選んだ方が良いのですね。

スポンサーリンク

使い方を分かりやすく

出典:敏感肌のスキンケア研究所HP

ケシミンクリームには、化粧水や乳液、クリームなどもシリーズで販売されているので、公式サイトではライン使いをオススメしており、ケシミンクリームは美容液の位置づけとして、化粧水の後に適量を手に取り、肌全体に馴染ませると良いとしています。

その後、乳液やクリームで肌を整えるようにしましょう。

口コミや評判まとめ

それでは、ケシミンクリームを使った方の口コミをチェックしていきましょう。

1、 良い口コミは?

・ 口コミ1

同じ小林製薬のヒフミドがめちゃくちゃ合うので期待大。

シミを防ぐ、という本来の目的は正直よくわかりませんが・・

化粧水後に2プッシュ程度塗ると、するする~~っと広がって、全然べたつかない!

肌の状態が悪い時に使っても全く問題なし。

普通のクリームとして売ればいいのになー、って感じです。

これからも使い続けたいと思います。

・ 口コミ2

一本ぐらい家に置いておいても全く損はないと思います!

シミを消すものではないので消えませんが、メラニンを抑える作用のおかげなのか(?)

確実にシミ・そばかすは薄くはなっています!

なので、結論から申し上げると、1.肌のトーンアップ、2.保湿力 には大変満足です。

・ 口コミ3

数年前にシミ消し目的で購入しましたが1本終わってもシミは薄くもならず撃沈。

ですがその当時、顎のニキビに塗ってみたところ、あっという間に消えました。

これにはびっくり!

頬を中心に塗り広げても、ほどよくしっとりしていい感じでした。

そして今日、すごく久々にニキビができてしまったので、ニキビ薬ではなく真っ先にケシミンクリームを買いに行きました(笑)

シミ対策の商品なので私の評価は皆さんとは違う目線になりますが、ニキビ薬としてはかなり優秀かと☆

2、 悪い口コミは?

・ 口コミ1

使い始めて1ヶ月。

シミへの効果は分かりませんが…。

超がつくほどの乾燥肌ですが、夜塗ると朝起きても顔が乾燥してないくらいしっとりするので、シミ予防としてこれからも使い続ける予定です。

・ 口コミ2

若い時にニキビ跡で悩んでいた時に初めて使用しました。

その時は、1本を使い切る時にはもう跡が薄くなっていて効き目を実感しました。

その数年後よりシミに悩み始めたので再び使用。2本目を使い切りました。

少しでも薄くなればいいとの思いと、前回使用の際に効き目を感じたので使い続けていたのですが、ニキビとは違い薄くさえなりませんでした。

・ 口コミ3

頬のシミが気になって購入し、ついでに顔全体に塗って2日目。

顔中に湿疹が出てしまいました。( ノД`)シクシク…

顔中痒くて大変です。

私の肌には合わなかったようです。

出典:@コスメHP

いかがでしたでしょうか?

ケシミンクリームにはシミへの即効性や具体的な効果はあまりないようですが、使っていくうちに徐々に薄くなっていく効果はあるようですし、何よりニキビへの効果は高い!と喜んでいる方が多かったですよね。

なので、一家に一本ある分には良さそうですが、一部すごく肌荒れしてしまったという方がいたので、敏感肌で心配な方は、気になる患部から少しずつ使うなど、慎重に使った方が良いでしょう。

スポンサーリンク

こんな方にオススメ

ケシミンクリームは、

・ シミやそばかすなどが気になる

・ ニキビ跡もあり、ニキビもできやすい

という方にオススメなので、当てはまる方は試してみてくださいね。

最安値の販売場所はこちら!

ケシミンクリームを早速買ってみたい!という方のために最安値の販売場所を探しておいたので、ぜひこちらをチェックしてみてくださいね。

・ ケシミン クリームの最安値はこちら!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、ケシミンクリームの使い方や効果と口コミ、また、ほくろやシミは消えるのか、といったことなどについても詳しくお伝えしました。

ケシミンクリームは、シミやそばかすなどを予防し、これ以上濃くするのを抑えて、ニキビなどもできにくくする効果のある有効成分が配合されている美容液で、ロート製薬のメラノCCのような殺菌作用はないのですが、元々ニキビができやすい肌質でなければケシミンクリームでも良いとのことでしたね。

そして、使った方の口コミをチェックすると、シミやそばかすを漂白する美白効果はないので即効性は少なく、効果は分かりづらいようですが、使っていくうちに薄くなってきた、ニキビがキレイになったなどの嬉しい声が多かったのでした。

なので、ぜひ使ってみたい!という方はお伝えした最安値の販売場所をチェックして是非試してみてくださいね。

スポンサーリンク