Pocket

年齢を重ねた女性に訪れる「エイジング」の悩みは、顔の肌だけでなく、実はバストにも加齢変化というのが現れるので胸が垂れたりするのですが、最近では「そげ胸」というのも話題になっています。

なので、胸がそげる理由やいつからなのか、20代から現れるのか、そげ胸に対するブラの効果について知りたいのではないでしょうか。

それから、そげ胸を治すための対策としてエクササイズなども気になりますよね。

そこで今回は、胸がそげる理由とブラの効果や治すための対策、また、エクササイズなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

そげ胸って何!?理由も

若いときは離れておらず、丸くハリがあり、乳頭は二の腕の中間にある理想のバストをしているものですが、年齢を重ねるにつれて脇側がそげてきて、徐々にバストが下向きになってきますよね。

こうしたバストの加齢変化は、バストまわりの乳腺と脂肪の構成比に変化が訪れ、20代の間は乳腺が多いのですが、30代後半から40代にかけて乳腺が減少し、それによって徐々にそげてくる「そげ胸」が起こるのです。

こうしたいわゆる「老け乳」は、エイジングによる乳腺の減少も原因になりますが、それ以外にも次のような原因が考えられるそうです。

・ 血行不良

バストは突起物なので意外にも血行不良を起こしやすく、触るとひんやりしていることがありますよね。

なので、細胞を育てる栄養を行き届かせる必要があるのです。

・ リンパのつまり

スマホの見過ぎやずっと同じ姿勢でいること、運動不足などでリンパの流れが滞ると、女性ホルモンの分泌も滞り、そげ胸を加速させます。

・ 出産や授乳

妊娠期から肥大した乳腺が卒乳後に縮むと、バストを支えているクーパー靱帯も伸びるので、これによってバストが変形しやすくなります。

・ ノーブラやカップ付きトップス

ノーブラ、カップつきトップスなど、楽な下着を日常的につけていると、若くしてバストが垂れる原因になります。

・ 間違ったブラ選び

採寸を何年間もしていなかったりするなど、バストのサイズを正確に把握していない方が多く、試着が足りていないと小さすぎるサイズや大きすぎるサイズを身につけ、そげ胸を加速させる原因になります。

また、20代用のブラを40代が身につけると、そげ胸に対応していないので、バストの上部分に空洞ができて、ますますそげ胸が悪化することもあります。

スポンサーリンク

そげ胸を治すための対策!エクササイズなど

このように、30代からそげ胸は始まるということなので、気づかぬうちにあなたのバストも徐々にバストの加齢変化を迎えているかもしれません。

そこで、いつまでもきれいなバストを保つためにも、次の対策をチェックして、今日からできることを実践していきましょう!

1、 下着は必ず試着し、プロの販売員に見てもらうこと

採寸してもらったあなたのバストサイズがたとえB70だったとしても、下着メーカーによってはC70の方が合っていたりすることもあるので、都度試着し、バストと下着が合っているかプロの販売員にチェックしてもらうようにしましょう。

2、 正しく下着を装着する

世代別の下着を身につけることはもちろん、その装着方法が間違っていては下着の実力が発揮されないので、正しい下着の装着方法をチェックしましょう。

・ ストラップを両肩にかける

・ 前かがみになりアンダーバストと下着のバージスライン(ちょうどブラジャーのワイヤーが入っている部分のライン)をきちんと一致させて後ろのホックを留める。

・ 前かがみになったまま左手の中指、親指で左胸を支えて固定し、右手で胸をカップの中にしっかり入れ、このとき脇の下から背中まで手をまわして、背中のお肉も前に持ってきてカップに入れ込み、右胸も同じようにカップに入れ込む。

・ 下着の後ろを鏡でチェックし、下着が背中の肩胛骨(けんこうこつ)下にきていればOKです。

3、 バストケアのエクササイズをする

バストを支えているのは、クーパー靱帯というものですが、胸筋も鍛えればしっかりバストを支えてくれる強い味方なので、次のとおり簡単なエクササイズを試してみましょう。

・ まず、横に手を広げて肘を曲げて手のひらを肩に乗せます。

・ それから肩から肘を前に向かってぐるぐる、後ろへ向かってぐるぐるし、それぞれ10回ずつ回すのですが、このとき回す際に胸がきちんと開くように意識してください。

・ 両手を胸の前で合わせて合掌のポーズを作り、両手のひらで反対の手のひらを押し合います。

このとき、腕の力を使うのではなく、胸の筋肉を使うイメージで押してください。

・ 両手を合わせて押し合ったまま、合掌した手をぐーっと上へ上げ、精一杯上げたら力を入れたまま10秒キープし、このときも胸の筋肉を使うように意識してください。

4、 お風呂上がりのマッサージ

お風呂上がりのマッサージもバストの形を左右する大切なケアですが、揺らしすぎや力の入れすぎでクーパー靱帯に負担をかけることもあるので注意しましょう。

そして、マッサージクリームをのばした手でまず脇の下からデコルテにかけてくるくると円を描き、胸の下に手を置いてバストの下からバストを上へ押し上げます。

それから、背中のお肉を後ろからバストに向かって流すようにしてください。

このほか、ナイトブラをつける、腕立て伏せを行うといったこともそげ胸防止対策として有効なので、毎日できる限りチャレンジするようにしましょうね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、胸がそげる理由とブラの効果や治すための対策、また、エクササイズなどについても詳しくお伝えしました。

胸がそげる、いわゆるそげ胸の原因は、加齢による乳腺の減少が最も多い原因で、それ以外にも運動不足やスマホの見過ぎ、出産や授乳などがあり、こうした現象は30代以降に現れることが多いのでしたね。

そして、それ以外にも間違ったサイズのブラを身につけたり、20代など若い世代向けのブラを40代以降が身につけることも良くないので、まずは採寸をこまめに行い、試着もしながら選ぶと良く、正しく身につけるほか、オススメのエクササイズやバストマッサージについても対策としてお伝えしました。

そんなそげ胸に悩んでいる方には、そげ胸の構造を考慮したブラをつけることをオススメしたいのですが、特にオススメなのが新発売された天使のブラの「魔法のハリ感」シリーズなので、次の記事も合わせてご覧下さいね!

↓↓↓

「天使のブラ魔法のハリ感のそげ胸への効果と違い!口コミまとめ」についての記事はコチラ!

スポンサーリンク