Pocket

おでこにニキビができると、髪の毛なども触れそうだし、なかなか治らなくてみっともないので困りますよね。

そんなおでこの赤ニキビの原因は何なのか、大人の場合や、かゆいといった症状、治し方でオロナインなどの薬について知りたいのではないでしょうか。

それから、おでこの赤ニキビがなかなか治らない時や大量で痛い時も気になりますよね。

そこで今回は、おでこの赤ニキビの原因と治し方、また、治らない時や大量で痛い時などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

おでこの赤ニキビの原因は?治し方も

おでこに赤ニキビが多く発生してしまうのは、10代の思春期ニキビの特徴で、この場合は成長ホルモンが要因になっていますが、大人になってからもできる時ってありますよね。

そして、大人になってからできるのはホルモンバランスの変化によるものもありますが、自分の気づかないうちにそのニキビを悪化させてしまっていることもたくさんあります。

例えば、次のようなことに心当たりはないでしょうか?

・ 生え際やこめかみ、眉間の洗い残し

髪の毛の生え際や眉間、もみあげ、こめかみのニキビは、シャンプーやリンス、洗顔料の洗い残しが原因になっていることが多く、泡を残さないようにしっかりと最後まですすぐことがとっても大切です。

・ 前髪

髪の毛は私たちが思っている以上に汚いもので、ホコリや雑菌が大量についています。

そして、整髪料はもちろん、もともとおでこの皮脂分泌が盛んな人の場合、その皮脂が髪についてベタベタになり、汚くなることで、赤ニキビができてしまうのです。

なので、ニキビができていて恥ずかしいからといって前髪で隠そうとすると余計に悪化しますよね。

・ 脂っこい食事

皮脂が増える原因はもともとの肌質の場合もありますが、お肉やバター、甘い物を毎日のように食べ過ぎると肌もテカテカしやすくなりますし、お酒も毛細血管を広げて皮脂腺を刺激するので、皮脂量が多くなる可能性があります。

なので、赤ニキビができたら、日頃の食生活がどうなっていたか、振り返ってみると良いですね。

・ 男性ホルモンの分泌

仕事のストレスや寝不足によって、男性ホルモンが分泌されるので、それによって皮脂の分泌量が増えることもあります。

・ 手で触っている

かゆくてジンジンする赤ニキビは、気になってつい手で触ってしまいますが、自分自身の手も実は菌だらけなので、それによってニキビが悪化し、触っていると潰れて血が出て傷になり、クレーターみたいな凸凹ができてしまう、という最悪の結果になります。

このように、おでこの赤ニキビで大人の場合は、皮脂分泌と前髪、それから手で触ることによって起きる刺激が要因ということが分かります。

スポンサーリンク

おでこの赤ニキビの治し方は?

おでこの赤ニキビを早く治したいのであれば、原因を遠ざけることが大切なので、次のとおり一つずつ習慣化できるようにしてみましょう。

・ 前髪を上げ、手で触らない

ニキビが気になるあまり前髪を下ろしている方が多いと思いますが、日中は恥ずかしくて下ろしていられないのであれば、せめて前髪がかかる時間を減らすようにしましょう。

例えば、家に帰ったら前髪をくくる、寝ている時は仰向けになって寝る、髪の毛を丁寧に洗うといったことを気をつけるだけでも、おでこニキビを守ることができます。

それから、手で触らないようにするのはもちろん、日中もこまめに指先を洗うようにし、爪は短く切っておくようにしましょう。

・ 皮脂をケアする

皮脂の過剰分泌に対する対策は、洗顔でしっかり落とすことも大切ですが、ゴシゴシこすったり、落としすぎには注意が必要で、こうすることでかえって刺激になって、また皮脂が分泌されてしまいます。

なので、皮脂分泌が気になってテカテカしているようであれば、たっぷりの泡で優しく洗い、クレンジングなどもオイルタイプよりもクリームタイプを優先するなど、スキンケアも見直しましょう。

そして、たっぷりの化粧水でしっかり保湿するようにしてくださいね。

・ 食生活や生活習慣を見直す

バターやお肉など脂質の多い食べ物を食べたり、スナック菓子ばかり食べていたり、睡眠不足や運動不足でストレスを溜める生活習慣もおでこニキビ悪化の要因になります。

なので、まずは食生活を改め、野菜や果物などビタミンの多い食事を積極的に摂るようにし、少なくとも6時間は睡眠時間を確保して、できるだけ規則正しい就寝時間、起床時間を心がけるようにしましょう。

そして、忙しい中にも適度に運動をする時間を取り、ストレスを発散してくださいね。

スポンサーリンク

おでこの赤ニキビが大量で痛い!なかなか治らない時は?

おでこの赤ニキビが大量発生していて痛いといった場合は、炎症がひどくなっていて、手で触ったり、間違ったケアをしていると余計にひどくなり、ニキビ跡を作る要因になるかもしれません。

こうした時は、前述のような対策ではなかなか治らないので、市販のオロナインを頼ることをオススメします。

意外と知られていないですが、オロナインは赤ニキビにも有効なので、洗顔後、化粧水で肌を整えた後に患部に塗布するか、オロナインを水で薄めてオロナイン水を作り、それで患部をパックすると、大量に広範囲にできているニキビにも有効なので、やってみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、おでこの赤ニキビの原因と治し方、また、治らない時や大量で痛い時の対処法などについても詳しくお伝えしました。

おでこの赤ニキビは、思春期の成長ホルモンによるものが多いですが、大人になってからも食生活や生活習慣の乱れ、ストレスによる男性ホルモンの分泌、手で触れたり前髪を下ろしたりといった刺激によっても現れることがあるのでしたね。

なので、治し方としてはそうした生活習慣を見直し、しっかり洗い残しなく洗顔をしつつ、こすったり刺激を与えないように気をつけ、保湿をすることで皮脂分泌を抑えることが大切なのでした。

それから、なかなか治らなくて痛い、大量にできているといった時は、炎症がひどくなっている証拠なので、市販のオロナインを塗布するなどして、できるだけ早く治しましょう。

スポンサーリンク