Pocket

目の下といっても、青いものや茶色くくすんでいるものなど、色々ありますよね。

なので、目の下のクマの種類や見分け方、その原因の違いについて知りたいのではないでしょうか。

それから、目の下のクマを改善する方法や、消す方法として化粧品のコンシーラーの色の選び方やメイクのポイント、マッサージやクリーム、ひどい場合でヒアルロン酸注入など皮膚科での治療法、整形も気になりますよね。

そこで今回は、目の下のクマの種類と原因の違いや見分け方、また、解消方法の違いなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

目の下のクマの種類は?原因の違いや見分け方などについても

一言で「クマ」といっても、実は黒クマ、茶クマ、青クマと3種類に分かれており、それぞれ原因や対処法も異なるので、次の通りチェックしてみましょう。

1、 黒クマ

涙袋の下側に脂肪がつきだしている、または加齢などによってくぼんでいる、それによって影ができた状態のことで、影が黒い線に見えることから黒クマと呼ばれています。

そして、これは加齢による新陳代謝の低下で筋力が低下して目の下がたるんだり、くぼんだり、むくみが加わって現れるとされていて、見分け方としては、目の下を細い綿棒などで押した時、黒い線が消える場合は黒クマの可能性があります。

2、 茶クマ

目の下に茶色く広がっているクマが茶クマで、下まぶただけでなく、上まぶたも含めて目の周り全体が黒ずんでいたり、顔全体がくんすんでいることもあり、手鏡を持って正面から見た時と、顔を天井に向けて手鏡を見た時で、クマの感じが変わらない場合は茶クマの可能性があります。

そして、この原因には色素沈着が多く、紫外線によるダメージや化粧を落とす際にこすりすぎる、目元マッサージを強くしすぎるといった摩擦による刺激で起こるようです。

3、 青クマ

目の下にうっすらと青っぽく広がっているのが青クマで、目の周りに集まる毛細血管が透けて見えている状態で、下まぶたをそっと下側にひっぱってみると、多少薄くなるという特徴があります。

そして、この青クマの原因としては、目の周りの血行が悪くなると血液がうっ滞し、薄い皮膚から青っぽく毛細血管が透けて見えるのが原因なので、冷え、生活習慣の乱れ、寝不足や過労、ストレスなどのほか、目の酷使でドライアイが起きていると現れます。

スポンサーリンク

目の下のクマの解消法は?オススメのコンシーラーの色など

目の下のクマの解消や、メイクでの隠し方はどうすればよいのでしょうか?

血行不良による青クマは血流改善がポイント!

血行不良で起きている青クマには、血流を改善するのが何より効果的なので、アイクリームなどですべりを良くしてから、薬指で優しくリンパマッサージを行うようにしましょう。

そして、強い力でぐいぐい押したりこすったりすると色素沈着を起こして茶クマの原因になってしまうので、くれぐれも優しくするようにし、アイクリームを選ぶなら、血行促進効果のあるビタミンK入りのアイクリームが有効ですよ。

効果が医学誌にも掲載された「ビタミンK」入りおすすめアイクリームについて見てみるならコチラ!
*リンクはこちらで入れます。

それから、目の周りだけでなく、全身の血の巡りを良くするのも良いので、半身浴や適度な運動をすると予防になりますし、喫煙は毛細血管の血流を悪くするので、できるだけ控えましょう。

そのほか、青クマに関してさらに詳しい情報については次の記事をチェックしてみてくださいね。

(関連記事:青クマの原因と消し方や治し方!コンシーラーの色選びのコツも

色素沈着でできる茶クマはスキンケアの見直しがポイント

こすりすぎやアイメイクの誤ったクレンジングなどで起きる茶クマは、それ以上悪化させないようにするのがポイントです。

そして、少しでも美白できるように、日々のケアとして美白作用のあるビタミンC誘導体配合のスキンケアアイテムがオススメで、皮膚科を受診するとハイドロキノン入りの美容液などを使用すると良いでしょう。

一方で、真皮レベルの色素沈着が起きておりひどい場合は、皮膚科でのレーザー治療がオススメです。

そのほか、茶クマに関してさらに詳しい情報については次の記事をチェックしてみてくださいね。

(関連記事:茶クマの原因と治し方やコントロールカラーの選び方!皮膚科には行く?

肌のたるみが原因の黒クマにはアンチエイジング!

黒クマには二つの原因があり、生まれつき目の下の脂肪が少ない、または加齢により目の周りの脂肪が萎縮しくぼんで影ができているか、加齢により目の下の脂肪を支えている筋肉がゆるみ、眼下脂肪が突出する場合です。

そして、どちらもシミではないのでコンシーラーで隠すのは難しいのですが、前者の場合は皮膚のへこんだ部分にヒアルロン酸を注入する治療を皮膚科で行ったり、後者の場合は脱脂術の手術もありますし、顔立ちの原因だからということで整形をする方もいるようです。

そのほか、黒クマに関してさらに詳しい情報については次の記事をチェックしてみてくださいね。

(関連記事:黒クマの原因や治し方とコンシーラーの色のえらびかた!くぼみ時も

コンシーラーの色選びは?

クマは自宅での改善方法で徐々に良くなることもありますが、時間がかかるので、それまで隠す方法としてメイクを活用したいですよね。

そんな時は、クマのタイプによって次のとおりコンシーラーを選んで使ってみましょう。

・ 青クマ…オレンジ系のコンシーラー

青クマはくすみがひどいので、明るいオレンジ系のコンシーラーを使うと良く、ちょん、ちょん、とのせてベースメイクとして使うと良いようです。

・ 茶クマ…イエロー系のコンシーラー

茶クマを隠すコンシーラーとしてオススメなのはイエロー系なので、くすみが気になる部分にのせて、なじませると良いので使ってみてくださいね。

・ 黒クマ…ベージュ、オークル、パール系のコンシーラー

黒クマにはベージュ、オークル、パール系のコンシーラーがオススメなので、広がりすぎないように優しくなじませてみてくださいね。

これら以外にも、頬のチークやアイライン、口紅を印象的な色にするなどして、別の部位に注目が集まるようにメイクを工夫してみるのも効果的なので、やってみてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、目の下のクマの種類と原因の違いや見分け方、また、解消方法の違いなどについても詳しくお伝えしました。

目の下のクマの種類には、血行不良で起こる青クマ、色素沈着で起こる茶クマ、加齢や顔立ちによって現れる黒クマの3種類があるので、それぞれの見分け方についてお伝えしましたね。

そして、解消方法として入浴やマッサージ、アイクリームや、美白成分の入った美容液、ヒアルロン酸の注入や整形などについてもお伝えしました。

こうした解消方法を行っていれば少しずつクマは改善されていくのですが、時間がかかるため、日頃隠したい場合はそれぞれのクマに合った色のコンシーラーを使って、適切に使うようにしてみてくださいね!

また、気軽に試せる美容皮膚科をお探しの方には、1万人が体験し、テレビや雑誌やネットで話題のエヴァーグレースの「目元クマ徹底コース」が今だけ1回2980円で試せて、コンシーラーなどを買うよりお得なので、長年付き合ってきた頑固なクマとできるだけ早くお別れしたいという方は、口コミなどをチェックして一度試してみてはいかがでしょうか。

「目元クマ徹底コース」の口コミや効果をチェックしてみるならコチラ!


スポンサーリンク