Pocket

青クマができると、顔がどんよりくすんだ感じがして、メイクも決まらず残念ですよね。

そんな青クマはなぜできるのか、原因と消し方でメイクのコンシーラーの色選びのコツや、解消法でマッサージやアイクリーム、治すための治療について知りたいのではないでしょうか。

それから、青クマが消えない場合があるのかも気になりますよね。

そこで今回は、青クマの原因と消し方や治し方、また、コンシーラーの色選びのコツなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

青クマができるのはなぜ?

青クマとは血行不良による目の下のクマで、肩こりや頭痛、冷え性持ちなどの方に多く、乾燥と冷えが激しい冬の時期に起こりやすく、もともと血行不良の方に多いですよね。

そして、

・ 睡眠不足

・ 疲労

・ ドライアイ

・ ストレス

・ 低体温

・ 目の疲れ

・ 冷え

・ 乾燥

などが直接の原因になるそうです。

スポンサーリンク

青クマの消し方でコンシーラーの色選びのコツ!

目の下の青クマがあまりにひどい場合は、コンシーラーがオススメで、色選びのコツとしては青クマにはオレンジ系の明るいコンシーラーを選ぶと良いようです。

でも、隠そうと思って厚塗りをしてしまうと、かえって目立つ結果になってしまうので、コンシーラーはごく少量を使い、皮脂によるメイク崩れも防ぐようにし、仕上げにはファンデーションではなくフェイスパウダーをつけると良いでしょう。

それ以外にも、

・アイラインを入れる

・ふんわりチークを入れる

・リップを明るい色にする

といったように目以外の部分に視線が集まるようにすることで青クマが目立たなくなるので、やってみてくださいね。

スポンサーリンク

青クマの治し方!マッサージや治療など

青クマは冷え性や乾燥などと関連性が深いので、次のような方法が解消法としてオススメです。

1、 アイクリームで保湿

夏だと目のクマがある女性は38%しかいないのに対して、冬には82%もの女性が目の下にクマを作ってしまうそうなので、冬の乾燥が青クマと関連性が深いことが分かりますよね。

なので、乳液やパックなどで顔全体を保湿しつつ、目元にはアイクリームでたっぷりと保湿をして、皮膚の疲れを改善して、クマや色素沈着を改善するようにしてくださいね。

2、 マッサージで血行促進

ビタミン系のクリームを使用しながら目元をマッサージするのもオススメですが、目の周りの皮膚は非常に薄くデリケートなため、力を入れすぎたり、やりすぎるとかえって逆効果になるので、顔全体を優しくマッサージするついでに、目の周りもくるくるなでるようにしてマッサージしてみて下さいね。

3、 蒸しタオル

1と2の保湿やマッサージの前には、蒸しタオルを目元に優しくあてて、皮膚の温度を上昇させてから行うと、より効果的です。

このように、日常的にできる対策で青クマは十分改善されるのですが、あまりにひどく、コンシーラーでもカバーできず消えないといった悩みを抱えているのであれば、美容皮膚科でのクマ治療をオススメします。

そして、美容皮膚科では毛細血管の減量や皮下組織の血流の改善、あるいは皮膚と皮下組織の間を引き離すような治療が必要になります。

それから、毛細血管の減量治療である「レーザータイトニング」や皮下組織の血流改善をする治療「ラディエイジ」などであれば左右目元で10,000円程度で治療が可能なのだそうです。

もちろん、そのほかヒアルロン酸の注入や、切開手術が必要になる治療などでは高額の治療費が必要になりますが、上記のような方法であれば比較的気軽に治療が可能なので、悩んでいる方は一度美容皮膚科を受診してみましょう。

また、気軽に試せる美容皮膚科をお探しの方には、1万人が体験し、テレビや雑誌やネットで話題のエヴァーグレースの「目元クマ徹底コース」が今だけ1回2980円で試せて、コンシーラーなどを買うよりお得なので、長年付き合ってきた頑固なクマとできるだけ早くお別れしたいという方は、口コミなどをチェックして一度試してみてはいかがでしょうか。

「目元クマ徹底コース」の口コミや効果をチェックしてみるならコチラ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、青クマの原因と消し方や治し方、また、コンシーラーの色選びのコツなどについても詳しくお伝えしました。

青クマは冷えなどによる血行不良が原因になっていることが多く、冬の乾燥している時期や目の疲れ、ドライアイなどが直接の原因になることから、自分でできる治し方としてはホットタオルやマッサージ、アイクリームなどでの保湿や血流改善がオススメで、美容皮膚科でも比較的安価で治療が可能なのでしたね。

そして、コンシーラーを使うのであれば、オレンジ系の明るい色を使うと青クマには効果的なので、日中のおでかけの際に恥ずかしいという方はこうした色を選んであくまで薄く塗り、メイク崩れを防ぎつつ、アイラインやチークなどで他にポイントをつけて、上手にカバーしてみてくださいね!

スポンサーリンク