Pocket

見た目の印象をかなり左右するのが、目の下にできる黒クマですよね。

なので、黒クマの原因や、10代の場合、くぼみや、治し方や改善法でアイクリームやヒアルロン酸、皮膚科での治療について知りたいのではないでしょうか。

それから、黒クマの解消法でコンシーラーの色の選び方やメイクで赤リップについても気になりますよね。

そこで今回は、黒クマの原因や治し方とコンシーラーの色の選び方、また、くぼみとの関係などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

黒クマの原因は?

目の下のクマというと、紫色をした青クマや茶色くなっている茶クマが代表的ですが、中には目の下が黒い黒クマというのもあります。

そして、黒クマは大きく分けて二つあり、

・ 目の下がふくらんで黒い影ができてしまっているタイプ

・ 目の下がくぼんで黒い影ができてしまっているタイプ

があります。

それから、この二つの見分け方としては、目の下を細い綿棒などで軽く押した時にその部分の影や線が消えたらふくらんでいるタイプ、顔を天井にある光に当てながら鏡を見た時に影が薄くなっている場合はくぼんでいるタイプということになります。

また、青クマと黒クマを見分けるには、クマ部分を指で軽く下に引っ張ったときに影が薄くなる場合は黒クマで、薄くならないなら青クマですね。

そして、こうした黒クマの原因にはいくつかあり、多いのは元々の顔の作りから影響してクマができている場合と、加齢によってできている場合が多く、どちらかといえば日本人だと後者が多くて、たるみが直接の原因で、目の周りの筋力の低下や乾燥、紫外線といったものが皮膚にあるコラーゲンやヒアルロン酸の減少につながり、黒クマができているそうです。

一方で、10代でも黒クマができている場合は、目が大きい人や涙袋が大きい人に多いようですね。

スポンサーリンク

黒クマの治し方は?

黒クマは、加齢によって目のまわりがたるんで、筋力の低下などが起きているからなので、目の周りにホットタオルを当てて、ゆっくりと温めたり、目の周りを優しく指でリンパマッサージを行って、筋肉がほぐれてむくみを解消し、黒クマを改善するのがオススメです。

それ以外にも、乾燥からきていることも少なくないので、特に涙袋のラインに小じわがある人は、しっかりと化粧水や、ビタミンAの一種であるレチノール入りのアイクリームなどで保湿をするようにしましょう。

一方で、くぼみができてしまっているタイプの黒クマはセルフケアで改善するのはかなり難しく、数年かけて根気よくケアしてやっと効果があるかどうかという感じみたいなので、早く治したい方は美容皮膚科でヒアルロン酸注入を行う治療をすることもオススメです。

また、気軽に試せる美容皮膚科をお探しの方には、1万人が体験し、テレビや雑誌やネットで話題のエヴァーグレースの「目元クマ徹底コース」が今だけ1回2980円で試せて、コンシーラーなどを買うよりお得なので、長年付き合ってきた頑固なクマとできるだけ早くお別れしたいという方は、口コミなどをチェックして一度試してみてはいかがでしょうか。

「目元クマ徹底コース」の口コミや効果をチェックしてみるならコチラ!


スポンサーリンク

黒クマの消し方でコンシーラーの色の選び方も

病気の人のように見える黒クマは、そのままでいるのは精神的な落ち込みの原因になるので、コンシーラーでしっかり隠してカバーしたいですよね。

このとき、コンシーラーの色選びとしては、黒クマにはベージュやオークル系のカラーがオススメで、できればパールが配合されたものを選ぶと明るい印象になるそうです。

そして、塗る時はあくまで薄く塗り、崩れないようにすることもポイントです。

また、メイクをするときに赤いリップを塗るなどして、別の部位に視線が集まるようにするのもオススメなので、やってみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、黒クマの原因や治し方とコンシーラーの色の選び方、また、くぼみとの関係などについても詳しくお伝えしました。

黒クマは、目の下がふくらんで黒い影ができてしまっているタイプと目がくぼんで黒い影ができてしまっているタイプとに分かれ、後者の方が改善しづらいので、その見分け方や青クマとの見分け方などについてお伝えし、原因としては加齢によるものと、顔立ちによるものなどがあるのでしたね。

そして、加齢によって目の下が乾燥し、たるんで筋力が低下することでも黒クマができるので、アイクリームや美容液でしっかり保湿し、リンパマッサージなどを行うのがオススメで、美容皮膚科でのヒアルロン酸注入や、安く気軽に試せるコースもオススメなのでした。

それから、コンシーラーを選ぶ時はベージュやオークル系、できればパール入りのものがオススメで、赤リップなど別の部位に注目を集めるのも有効なのでぜひやってみてくださいね!

スポンサーリンク