Pocket

女性なら誰もが悩む目の下のしわですが、実はエイジング世代以外の若い世代でも現れることがあります。

なので、目の下のしわで10代、20代、それ以上の世代別の原因で乾燥などや、改善方法でニベアや美容外科、注射について知りたいのではないでしょうか。

それから、目の下のしわを隠す方法としてメイクのコツでコンシーラーなどや注意点も気になりますよね。

そこで今回は、目の下のしわの年代別の原因と改善方法、また、メイクのコツと注意点などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

目の下のしわの年代別の原因とは?

見た目を一気に老けさせてしまう目の下のしわは、年齢を重ねるごとに増えるイメージが強いですが、実は若いうちからも現れることがあります。

そして、しわには、大きく分けて次の3つの種類があり、それぞれでメカニズムや原因が異なると言われているので、自分に当てはまるしわの種類をチェックしましょう。

1、 乾燥じわ

乾燥じわは、別名小じわ、ちりめんじわと呼ばれるタイプのしわで、浅く細かいのが特徴で、目の下、口や唇の周囲などによく見られます。

そして、皮膚の一部上にある表皮という部分にでき、特に皮脂腺のないところに出てきやすく、40代後半の女性に多く現れる傾向にあります。

2、 表情じわ

表情じわとはその名のとおり、顔の筋肉を動かして表情を作った時に現れるしわのことで、おでこや眉間、目尻などによく見られます。

そして本来、肌には元の形を保とうとする形状記憶の機能があるのですが、紫外線などでダメージを受けた肌が乾燥状態になっていたり、加齢によって肌のハリや弾力が低下すると、こうした表情じわが残るようになります。

それから、表情じわができるということは、肌が乾燥し、弾力が低下した状態にあるため、その状態で色々な表情をしていると肌がそのしわを記憶してしまい、戻らなくなることでできるそうです。

3、 真皮じわ

一般的にしわと言われて想像するタイプのしわのことで、皮膚の奥の方にある真皮という部分にでき、肌が弾力やハリを失ったり、皮下脂肪が急激に落ちたりすることによってできるしわで、ほうれい線などがこれに当たります。

このように、しわはどんなタイプであっても加齢が原因になることが多いのですが、それ以外にも次のような原因が考えられます。

・ 紫外線

紫外線を長時間浴び続けていると、真皮のコラーゲンや弾力繊維が傷つき、その結果、肌は弾力やハリを失い、しわが増えていくとされています。

そして、紫外線による肌の老化は光老化と呼ばれ、紫外線対策をしていない人は加齢とともにその傾向が顕著に現れるそうです。

それから、光老化は紫外線を浴びてすぐには起こりませんが、肌にダメージを徐々に蓄積していくので注意が必要です。

・ 乾燥

乾燥もしわを発生させる代表的な原因です。

そして、本来、肌は乾燥から身を守るためのバリア機能があるのですが、年齢とともにそのバリア機能が衰えると、肌の内側から水分が蒸発します。

それから、これによって肌の潤いやハリ、弾力が低下して小じわの発生が加速してしまいます。

・ 摩擦

皮膚を強くこすってしまうと、その部分がダメージを受けてバリア機能が衰え、そこからしわが発生してしまうので、特に目元など皮膚が薄くてデリケートな部位はダメージを受けやすいので注意が必要です。

・ 表情のくせ

ずっと同じ表情をしていると、その形で表情じわができてしまうので、眉間のしわなどはよくありがちですよね。

・ 活性酸素

ストレスや喫煙などで発生する物質のことで、こうした物質によって肌がさびてしまい、真皮層が変質してハリや弾力がなくなった結果、しわができてしまうケースもあります。

・ 女性ホルモンの減少

女性ホルモンには真皮層のコラーゲンや弾力繊維を生成する働きがあるため、ホルモンバランスが乱れるとその分、肌は弾力やハリを失ってしまうと言われています。

・ 急激な体重変化

短期間で体重を急激に落としてしまうと、皮膚の細胞が脂肪の減少スピードについていけず、皮膚がたるんでしわができてしまいます。

例えば、妊娠線などもこれによるものですが、たるみによるしわはセルフケアではなかなか治すことができないので、美容皮膚科での治療をお勧めします。

それから、アトピーがひどかった場合の改善後も、肌のしわができることがありますよね。

こうして目の下のしわには色々な原因でできるので、乾燥や活性酸素が原因の場合は30代はもちろん、20代など若い世代でもできることがありますし、急激な体重変化や、アンバランスな食生活が原因で女性ホルモンが減少すると高校生でも現れることはあります。

また、20代以下の場合は、生まれつき目の下のしわがある場合もありますし、パソコンやスマホを見続けたり、細かい作業を続けて視神経による疲労でしわができることもあります。

スポンサーリンク

目の下のしわの改善方法は?

目の下のしわは、様々な原因でできるということが分かりましたが、最もありがちな原因が乾燥なので、ニベアやワセリンなど保湿効果の高いクリームを使っている方も多いようですよね。

ただ、ニベアやワセリンは固くて伸びにくく、目の下にのせるときにかえって刺激になってしまい、悪化する可能性もあります。

なので、化粧水などでゆるくしてから塗ることがポイントのようですね。

それ以外にも、目の下用のパックなども薬局でたくさん販売されているのでそれを使用するのも良いですし、化粧水を顔に浸透させた後に、コットンに化粧水を含ませて3~5分ほど目の下にパックするのもオススメです。

それから、このパックが終わったら、セラミド配合のアイクリームを使うと、乾燥による小じわには効果的なので、やってみてくださいね。

その他にも、ビタミンC誘導体、ナイアシンといった美容成分も配合されているアイクリームで目の下の保湿をすると良いので、次の手順で塗ってみてくださいね。

・ 手の甲にアイクリームをつける

・ 薬指か中指でアイクリームをとる

・ 目尻を一度軽くプッシュしてから優しくアイクリームを塗る

・ 目尻から目元、さらに上部の目尻に向かって軽く押さえながらアイクリームを塗る

こうして朝晩の1日2回、基礎化粧品をつける時に、順番としては一番最後に使うようにしてください。

また、コラーゲン入りの美容液なども効果が高いので、より確実に治したい方は使ってみてくださいね。

目の下のしわで皮膚科でできる治療は?

目の下のしわを改善するならアイクリームや美容液、マッサージが効果的とのことでしたが、より確実に解消するなら、肌の専門家である皮膚科がオススメです。

そして、皮膚科の場合一般的な皮膚科ではなく、美容皮膚科の領域になり、保健対象外になりますが、目元の小じわの治療についてはレーザー治療やヒアルロン酸注入が有名です。

こうした治療はどちらも傷を付けることなく、治療ができる方法で、肌への負担も少なく施術の痛みもわずかなものだそうです。

ただ、担当の医師の技術によって仕上がりにかなり差が出ることがあるそうなので、注意しましょうね。

スポンサーリンク

目の下のしわを隠すメイクのコツや注意点は?

目の下のしわの改善方法を色々とお伝えしてきましたが、どれもそれなりに時間がかかるので、今すぐにしわを目立たなくさせたい!という方にはメイクのコツをつかむことをオススメします。

まずは、メイクの前に、お肌をふっくらとさせると良いので、目元のしわを中心にフェイスオイルを顔につけて、化粧水をしみこませたコットンをのせて3分ほどおきます。

このあと、しっかりとクリームで保湿をすれば、一日中しっとりとしたメイクが持続しますよ。

そのほか、メイクには次のようなポイントがあります。

・ 化粧下地はテクスチャーがやわらかいものを選ぶ

下地や日焼け止めなどは、テクスチャーの固いものを選んでしまうと、しわに入り込み、上に塗るファンデーションが割れたり、よけいにしわが目立ってしまう原因になります。

なので、テクスチャーはやわらかいものを選び、なるべく色々重ねないように、日焼け止め効果や美容成分を含んだCCクリームなどを使うと良いですね。

・ ファンデーションは薄く密着させる

ファンデーションを塗る前に、化粧崩れを予防するためにティッシュを顔全体に当てて、余分な油分をとりましょう。

そのあとに、ちょっと少ないかな?くらいの量のファンデーションを顔全体に塗るとよく、しわを目立たせないためには厚塗りしすぎなことがポイントになります。

次に、目の周りを避けて、鼻、鼻の脇、おでこにファンデーションを重ね、顔の中心の肌を整えて全体を美しく見せるようにしましょう。

・ しわにコンシーラーなどは塗らない!

気になっていると、ついついしわにファンデーションやコンシーラーをよけいに重ねてしまいますが、一瞬消えたように見えても後で崩れて、よけいにしわが目立ってしまうことがあります。

また、光で飛ばすとごまかせるかも?とパールが入ったハイライトをのせてしまうと、しわの溝のコントラストがよけいに強調されてしまい、しわが目立ってしまうんです。

なので、しわを隠すなら、チークや口紅にポイントを持ってきて、視線をしわからそらすのが良いので、やってみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、目の下のしわの年代別の原因と改善方法、また、メイクのコツと注意点などについても詳しくお伝えしました。

目の下のしわは、紫外線の蓄積や乾燥などによる肌のバリア機能が低下することで現れることが多いので40代以降に現れやすいのですが、摩擦やタバコなどの酸化といった生活習慣も原因になりますし、生まれつきの場合もあるので10代の高校生や20~30代にもしわができることはあるのでしたね。

なので、まずは日々のスキンケアで保湿を意識し、こすりすぎないようにマッサージをするなどがオススメなのですが、確実に改善したいなら美容皮膚科でヒアルロン酸を注入する方法もあるのでした。

それから、メイクで隠す場合は下地などはテクスチャーが柔らかいものを選ぶこと、ファンデーションは重ねすぎないこと、コンシーラーで隠そうとせずに唇などにポイントを持ってくることなどがあったので、しわと上手に向き合いながら魅力的なメイクをしてみてくださいね!

スポンサーリンク