Pocket

顔の中でも頬や目元などはシミができやすく、なかなか消えないので悩んでしまいますよね。

なので、頬のシミはなぜできるのか、その原因と、10代の場合、消す方法で皮膚科のレーザー治療などについて知りたいのではないでしょうか。

それから、頬のシミを隠す方法でコンシーラーの色選びや使い方のポイントも気になりますよね。

そこで今回は、頬のシミの原因と消す方法、また、コンシーラーの色選びや使い方などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

頬のシミの原因は何?

頬にできたシミ、なんとか治そうと塗り薬にサプリメント、美白美容液など色々試してもなかなか治らず絶望的な気持ちになっている方は多いですよね。

こうしたシミの原因はメラニン色素の沈着によるもので、種類は以下の5つに分かれるそうです。

・ 肝斑

日本人女性の約20%がなるシミで、薄い褐色のシミが左右の頬に対称にできることが特徴で、主に40代の女性に見られる女性ホルモンの減少を原因として現れるシミです。

そして、妊娠出産した女性やピルを服用している女性にも多く見られ、紫外線を浴びると肝班のシミは濃くなっていきます。

・ 雀卵斑

いわゆるそばかすのことで、遺伝を原因とする先天性のものと、紫外線を原因とする後天性の2種類のものがあります。

そして、鼻の周辺に現れる小さくて薄い褐色のシミのようにできるのですが、病気の心配はありません。

・ 老人性色素斑

通常は40代からなるものですが、若くしてできるようなら紫外線を過度に浴びたことが原因と言われていて、顔や手の甲など普段顔で隠せないところにできる丸いシミのように現れ、頬にもできることが多いです。

そして、肝斑と一見似ているのですが、肝斑の場合は両側に対称にできているところが違うので見分けるようにしましょう。

・ 炎症性色素沈着

名前のとおり炎症の後にできるシミで、やけどや怪我、ニキビ跡に現れ、ターンオーバーがうまくできず、メラニン色素が肌の表面に溜まってしまいシミが現れます。

ただ、これについては病気の心配はありません。

・ 遅発性両側太田母斑

肝斑と同じく頬の両側に対称にでき、他のシミは肌の表皮にできますが、遅発性両側性太田母斑は肌の奥にできるため、治療はレーザー治療しか有効ではありません。

そして、特徴は青灰色で、両頬の皮膚の奥の方にできているならこのシミだと思った方が良いでしょう。

ちなみに、このシミができる原因は様々ですが、基本的には色素細胞の異常や紫外線のせいと言われていて、多くは1歳頃からできはじめ、遺伝が原因の場合もあるそうです。

こうした頬のシミは、内臓が弱っていることで現れる可能性があり、頬のあたりにシミができた場合は、肝臓や腎臓、胃腸に不調があることを示しているそうです。

または、女性の場合はホルモンバランスの低下が原因になっていることも多いですよね。

なので、表面的な治療ももちろんですが、体の内側を労るように、腎臓の改善には塩分やカフェインの摂りすぎに留意する、肝臓の改善にはタバコなどの有害物を控え、胃腸の改善には消化に良いモノを食べて気をつけるようにしましょう。

それから、ストレスをためこまないように、スポーツなどで体を動かしたり、質の良い睡眠をとり、湯船につかってゆっくり休む時間をとるようにすることもオススメです。

スポンサーリンク

頬のシミを消す方法!レーザー治療は?

頬のシミに限らず、シミは全般的にメラニンの生成で起こるものなので、

・ 紫外線予防

・ トラネキサム酸やビタミンC誘導体などの美白成分を配合した美容液の利用

・ 食生活でビタミンCやビタミンEを積極的に摂る

といったことがポイントになりますが、即効性はなく、なかなか思うようにキレイにならないものですよね。

そこでオススメなのは美容外科やクリニックで受けられるレーザー治療ですが、こちらは黒と茶色の色素にのみ反応するようにできていて、シミの原因であるメラニン色素細胞だけを破壊するようにできています。

そして、皮膚は28日周期で新しく生まれ変わるため、今日レーザー治療を受けて明日には治るということはないですが、レーザー照射をするとシミの部分はやがてかさぶたになって剥がれ落ち、新しい皮膚が生成されシミが目立たなくなっていきます。

ただ、シミに照射するレーザー治療は、基本的には老人性色素斑に有効とされていて、最近では肝斑にも照射できるレーザー治療が開発されていますが、受けられるところは限られるようですね。

なので、自分自身ではシミのタイプが把握できない方はまずは美容外科やクリニックを受診してみると良いでしょう。

スポンサーリンク

頬のシミを隠すとき、コンシーラーの色選びや使い方は?

頬のシミを今すぐ隠して目立たなくさせたい!という方にはやっぱりメイクが強い味方になってくれますよね。

でも、上手に使わないとかえってシミが目立ってしまって悲惨なことになります。

そんなシミカバーのメイクでは次のポイントを使って上手にシミを目立たなくさせるようにしましょう。

1、 リキッドファンデーションを顔全体に塗る

ファンデーションはカバー力の高いリキッド系のファンデーションを選び、全体にのばしてください。

そして、一番始めに隠したい部分にのせて、そこを起点に広げていくと良く、顔の中心からフェイスラインに向けて薄くしていくことで、首との色味がナチュラルに仕上がるそうです。

2、 コンシーラーでシミを隠す

コンシーラーでシミを隠す場合は、自分の肌より少しだけ暗めの色のコンシーラーがオススメなので、気になる部分にほんの少量をのせて、指でぽんぽん、と馴染ませるようにしましょう。

3、 パウダーファンデーションで仕上げ、目元や唇にポイントを持ってくる

パウダーファンデーションで仕上げて、この後口紅などを重ねる場合は、シミに目線が行かないように色が特徴的な口紅にしたり、アイメイクに凝ったりすると、視線が散らばってオススメです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、頬のシミの原因と消す方法、また、コンシーラーの色選びや使い方などについても詳しくお伝えしました。

頬のシミの原因は、主にメラニン色素によるものなのですが、元を辿れば女性ホルモンの減少だったり、種類としても両側に対称にできる肝斑や、肌の奥にできる老人性色素斑などがあるのでしたね。

そして、美白美容液やサプリ、ビタミンCやビタミンEなどにこだわった食生活も良く、老人性色素斑の場合はレーザー治療でないと改善できないので、方法などもお伝えしました。

それから、メイクで隠す場合は自分の肌より少しくらい色のコンシーラーを使って薄めに重ねるようにし、目元や口元に特徴を持ってくるメイクもオススメなので、やってみてくださいね!

スポンサーリンク