Pocket

根強いファンが多い国内コスメブランドRMKでは、コントロールカラーも評判が良いようです。

なので、RMKのコントロールカラーの成分や色の種類と人気のもの、UV効果や使い方と順番について知りたいのではないでしょうか。

それから、RMKのコントロールカラーのクマへの効果など口コミまとめも気になりますよね。

そこで今回は、RMKのコントロールカラーの使い方や順番、また、クマへの効果など口コミまとめなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

RMKのコントロールカラーの特徴や期待できる効果は?デメリットも

RMKのコントロールカラーは、気になる肌の色ムラやくすみなどを補正して、ベースメイクの完成度を高める部分用下地で、ぷるんとしたジェル状で毛穴などの凸凹を整え、なめらかな肌に仕上げてくれます。

そして、成分としては、次のようなものが配合されています。

・ 成分

水、シクロペンタシロキサン、ミネラルオイル、DPG、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、マルチトール、イソステアリン酸ソルビタン、トリベヘニン、ワセリン、ジメチコン、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、含水シリカ、水添レシチン、BG、水酸化Al、アルミナ、ビターオレンジ果皮エキス、ビルベリー葉エキス、クロルフェネシン、フェノキシエタノール、ソルビン酸、(+/-)タルク、マイカ、酸化チタン、酸化鉄

このように、ミネラルオイルが多めでタルクやエタノールも配合されているので、敏感肌の方にはちょっと心配ですが、紫外線散乱剤配合でSPF20PA++と紫外線が少ない時期のUVブロック効果は期待することができます。

そんなRMKのコントロールカラーには、次のとおり4色の色展開があります。

・ 01シルバー

光沢を与えて内側から輝くような肌に

・ 02パープル

くすみをおさえて透明感のある肌に

・ 03グリーン

頬の赤みをおさえて透明感のある肌に

・ 04コーラル

血色良くヘルシーな印象の肌に

このように、色別に肌の様々な悩みをカバーできるようになっているので、普通の化粧下地では顔がくすんだまま、と悩んでいる方にとってもオススメです。

ちなみに、色の人気は「01シルバー」、「02パープル」、「04コーラル」の順なので、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

使い方を分かりやすく

RMKのコントロールカラーは、「下地とファンデーションの間」に使うのがポイントで、顔全体に使っても良いですが、気になる部分に使うだけでも十分です。

例えば、ニキビ跡が気になる部分にはグリーン、血色感を出したいなら目の周りにコーラル、くすみを押さえたいなら顔全体にパープル、といったように、複数の色を組み合わせて使っても良さそうですね。

口コミや評判まとめ

それでは、RMKのコントロールカラーを使った方の口コミをチェックしていきましょう。

1、 良い口コミは?

・ 口コミ1

RMKのコンシーラーでニキビ跡やクマを消し、コンシーラーの粉を部分的に使用してからパープルを目の下から顔の縁に塗り広げてます。

塗ってる量は半プッシュほど。

薄づきな分、モチも良く、くすむ心配や崩れも無く、肌に透明感が出ます。

下地としてコントロールカラーを使うしか浮かばなかったので新しい発見。

・ 口コミ2

グリーンを使っています。

スキンケア、ベースをした後に頬の赤みが気になるところだけに乗せていますが、なんとなく赤みを消してくれるような気がします。

プチプラからもコントロールカラーは発売されていますが、いちばん乾燥しないです。

プッシュして出すタイプのもので、少しずつ出てくれるので使いたい量が調節しやすいです◎

・ 口コミ3

下地にラメが入っているものがすきでいろいろ購入していますがこちらはラメが細かく上品で自然でよかったです。

量が少ないのでコスパは悪いですがワンプッシュで頬中心に広げるくらいでもいいかと思います。

2、 悪い口コミは?

・ 口コミ1

他の方の口コミにもあるように、とても薄付きなので、ひどい赤みには効果がないのではないかと思います。

私の場合は色むらを整えるというところでは、きれいに整うように感じます。

毛穴の補正効果もあまり感じません。

・ 口コミ2

グリーン使用。

私には全く意味のないものだった(/ _ ; )

これなんの効果あるの?ってレベルでした。

人気だったから買ったけど、よくわかりませんでした。

・ 口コミ3

パープル使用です。

塗ったあと、うーん色補正してる?してない?してるかな?ぐらいの色付き。

固めのテクスチャーでのびもあんまりよくないです。

ヨレるしでもうぽいぽーい!

姉妹にあげました。

出典:@コスメHP

いかがでしたでしょうか?

いろんな色を組みあせて使うほど気に入っている方も多いですし、適度に保湿してくれる、ラメが目立たなくて良いなどの嬉しい評価が多かったのですが、明らかな肌の悩みがない場合は、補正できた!と実感するのがやや難しい自然な仕上がりのようですね。

スポンサーリンク

こんな方にオススメ

RMKのコントロールカラーは、

・ 肌のくすみやニキビ跡など、カラーコントロールが必要な肌の悩みが多い方

・ 乾燥気味の肌

・ コンシーラーより自然に隠したい

という方にオススメなので、当てはまる方は試してみてくださいね。

最安値で買える激安ショップはこちら!

RMKのコントロールカラーを早速買ってみたい!という方のために最安値の販売場所を探しておいたので、参考にチェックしてみてくださいね。

・ RMK コントロールカラーの最安値はこちら!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、RMKのコントロールカラーの使い方や順番、また、クマへの効果など口コミまとめなどについても詳しくお伝えしました。

RMKのコントロールカラーは下地とファンデーションの間に使うカラー補正用の製品で、しっとり保湿効果もありつつ、透明感を引き出すシルバーや、くすみをおさえるパープルなど、肌の悩み別に4色の展開があるので、その違いなどについてお伝えしましたね。

そして、口コミをチェックすると、乾燥気味で保湿も重視したい方や自然に肌の悩みをカバーしたい方には評判が良かったのですが、効果が実感しづらいという声もありましたね。

ただ、お手頃値段で試しやすいので、気になる方はお伝えした最安値の販売場所をチェックして、ぜひ試してみてくださいね!

スポンサーリンク