Pocket

RMKでは、コンパクトタイプとリキッドタイプの2種類のコンシーラーが人気です。

なので、RMKのコンシーラーの成分や色、使い方のポイントについて知りたいのではないでしょうか。

それから、RMKコンシーラーを使った方の口コミでニキビ、シミ、クマへの効果も気になりますよね。

そこで今回は、RMKのコンシーラーの使い方や色選びのコツと口コミまとめ、また、ニキビやクマには効果があるのか、といったことなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

RMKのコンシーラーの特徴や期待できる効果は?デメリットも

RMKのコンシーラーは、2色のコンシーラーとパウダーがセットになった

・RMKスーパーベーシックコンシーラーパクト

とリキッドタイプの

・RMKスーパーベーシックリクイドコンシーラー

の2種類があるので、それぞれ成分や特徴をチェックしていきましょう。

1、RMKスーパーベーシックコンシーラーコンパクト

RMKのスーパーベーシックコンシーラーパクトは、2色のコンシーラーとパウダーをセットにしたコンパクトタイプで、クリーミィなのびの良さとフィット感のバランスにこだわったコンシーラーは、濃淡2色をブレンドすることで自分にぴったりの色が作れます。

そして、仕上げにパウダーを重ねることで、コンシーラーの持ちを良くし、肌の透明化と立体感を引き立てます。

それから、色の種類は2種類で、明るめのカラー1と、暗めのカラー2があります。

・カラー1

・カラー2

このように2種類に分かれているので、肌の色の傾向に合わせて選ぶことができ、前者は色白肌に、後者は赤みが目立つ方や黄色っぽい肌の方にオススメです。

それから、詰め替えなので毎回のようにケースを買う必要がないのも嬉しいですね。

そんなスーパーベーシックコンシーラーコンパクトの成分には次のようなものが配合されています。

・成分

ミネラルオイル・マイクロクリスタリンワックス・水添ポリイソブテン・カオリン・リンゴ酸ジイソステアリル・ヒドロキシアルキル(C16-18)ヒドロキシダイマージリノレイルエーテル・(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー・含水シリカ・水酸化アルミニウム・トリオレイン酸ソルビタン・水添ヒマシ油・カルナウバロウ・合成ワックス・シメチコン・トコフェロール・パラベン、 [+/-]酸化チタン・酸化鉄

このように、ミネラルオイルベースなので、肌に優しいと感じる方も多いと思いますが、中には肌荒れを起こす方も少なくないので、敏感肌の方は気をつけた方が良いでしょう。

2、RMKスーパーベーシックリクイドコンシーラー

RMKのスーパーベーシックリクイドコンシーラーは、やわらかなテクスチャーでなじみやすい、筆ペンタイプのリクイドコンシーラーです。

そして、ソフトフォーカス効果のある偏光パールが目元のクマなど気になる部分を自然にカバーしてくれ、化粧直しのたびにつややかな肌へと導いてくれます。

そんなRMKのスーパーベーシックリクイドコンシーラーには、保湿効果の高いヒアルロン酸、アボカドオイルなども配合されているので、乾燥しやすい目元には安心ですよね。

それから、色は次の3種類です。

・カラー01:明るめの肌色の方に

・カラー02:ナチュラルな肌色の方に

・カラー03:目元のくすみが気になる方に

色の選び方も参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

使い方を分かりやすく!

RMKのスーパーベーシックコンシーラーコンパクトは、コンシーラーとパウダーのセットになっているので、下地で肌を整えたら、コンシーラーの2色を混ぜたり、単色で使って気になるところをカバーし、パウダーで仕上げるか、ファンデーションを重ねてくださいね。

そして、RMKのスーパーベーシックリクイドコンシーラーの方は、パウダーファンデーションの場合はその前に、リキッドファンデーションの場合はファンデーションの後に、気になる部分に直接つけて、指でなじませてくださいね。

口コミや評判まとめ!

それでは、RMKのコンシーラーを使った方の口コミや評判をチェックしていきましょう。

RMK スーパーベーシックコンシーラーコンパクトの口コミは?

1、良い口コミは?

・口コミ1

百貨店のブースでやっているメイクレッスンで使用してもらい、感激したので即買いしました。

肌は頬さえきちんとすれば全体がきれいに見える、とのことで、明るい色を指でとってぽんぽんと頬に乗せ、大きい方の筆でパウダーでならします。

頬に乗せた途端、毛穴がみるみる消えていってびっくり!

夏でも崩れませんし毛穴落ちもありません。

そして暗い色をニキビ跡に小さい筆でのせて、リキッドファンデを頬以外に少しだけつけています。

・口コミ2

クマが気になるとBAさんに相談したところ、すすめられた商品です。

2色あるので、自分に合う色が作れるので便利です。

私は目頭を濃い方で、目尻を2色混ぜて塗っています。

全然べたっと塗った感じは出ないです。

クマだけでなく、ちょっとしたシミも隠せます。

顔の広い範囲に塗るのは適していないと思いますが、ポイントで塗るのはありです♪

保湿力もあるので、ぱりっとしません。

・口コミ3

パウダーはリピーターです。

シミも上手く隠せます!

塗りやすいです。

2、悪い口コミは?

・口コミ1

頬のいろむら、血色の悪さを改善したいと思い、BAさんに相談したところすすめられました

買ったときは、これで改善できる!と思ったのですが、よく考えるとおかしいですね笑

目の周りに使うと血色が悪いのがカバーできるとのことでしたが、使ったときは良いんですが、しばらくすると乾燥します
Tゾーンに塗ると何故か皮脂がたくさんでますし、私にはあまり合わないようです

・口コミ2

カバー力はありますが、若干粉っぽさがあるので乾燥肌の自分には向いてなかったです。

毛穴カバーというよりかは、シミや部分用で使用すればまだ使えるかな。

リピはしなさそうです。

・口コミ3

リクイドコンシーラーを愛用していたのですが、切れたので買いに行ったらこちらをおすすめされました。

ワセリン配合で乾燥に強いとのことでしたが、実際使ってみたら、うーむ。

目の周りの皮膚が薄く、リキッドファンデでも乗せるとなんだか粉っぽくなり、目元にシワがでるのが悩みでしたが、リクイドコンシーラーは薄く伸び、艶やかに発色して目の周りがツヤツヤな感じで肌が綺麗に見えました。

こちらは、まだ使い方に慣れてないのかもしれませんが、粉っぽく感じます。

薄く塗るのがコツなのかも。

目の周りに塗る時は、撫でるようにそーっと塗ってます。

伸びますが、少々固く、リクイドコンシーラーに慣れてるとちょっとむずかしい。

出典:@コスメHP

RMK スーパーベーシックリクイドコンシーラーの口コミは?

1、良い口コミは?

・口コミ1

百貨店でフルメイクしてもらった時に購入したものです。

コンシーラーとしてクマ隠しにも使用できますし、くすみ飛ばしとして頬や口角に塗って広げるのも◎

下地を塗った後に仕込ませると自然と肌がワントーン明るくなって、さらに毛穴も隠してくれます笑

美容部員さんは「夕方に化粧直しとして使っていただくとくすみ飛びますよ?」とも言っておられました。

・口コミ2

下地、ファンデとライン使いしています!

クマ、小鼻周り、口角上げに使用してます。

家で付けるときはファンデーションブラシを使って優しくトントントンと伸ばしてます。コンシーラーなので、カバー力が高いのは当たり前かもしれませんが、厚塗り感なく消すことができると思います!!

持ち歩きにも便利なサイズなのでちょっとしたお直しや部分用ファンデとしても使う事が出来ると思います!

・口コミ3

目の下の色素沈着(クマ?)や小鼻の赤み、あごの赤いニキビ跡をカウンターで相談した結果こちらの3番を購入しました。

以前はRMKのベーシックコントロールカラーの03を使っていましたが、いまいち赤みは隠せなかったのでこちらに。

筆でダイヤルすると出てくるタイプなのでとても使いやすいです。

目の下と、まぶたに薄く、Tゾーンに、口回りのカラーコントロールに使ってます。

かためのテクスチャーですがまあまあ伸びます。

塗るとマットなかんじになります。

2、悪い口コミは?

・口コミ1

サンプルではとても伸びが良かったけれど、おそらく基礎で肌がツルツルしっとりと整っていたからでしょう。

現品はやや硬め。

色が黄白いので、地肌とは馴染まない&シミは浮く。

隠すと言うよりは明るくして飛ばす感じ。

色が合うなら、メイクポーチにこれだけ入れて、ファンデーションを持ち歩かなくて良いかも。

・口コミ2

筆ペンタイプにしては少し硬め?なテクスチャー。

カバー力はあまり高めとは感じませんでした!

気持ちクマが薄くなったかな?程度の仕上がりです。

他の方がおっしゃる通り目の下がなんだか乾燥して小ジワになっているような気も。。

・口コミ3

ペンタイプなので使いやすいです。

でも特に感動はないです。

そして、目元の乾燥がとても気になります。

使用していないときはそんなことなかったと思いますが、使用するとしっわしわ。

リピはないと思います。。。

(出典:@コスメHP

いかがでしたでしょうか?

コンパクトの方は自分で色を調整できるのが嬉しい、クマもシミもしっかり隠れるという嬉しい声が多かったのですが、乾燥肌の方には成分と相性が悪い方が多いようで、しばらくするとパリパリになってしまうという声が多かったですね。

一方、リキッドタイプの方も乾燥肌の方には良くないようですし、テクスチャーが固めで使いづらいという声もありましたね。

ただ、ペンタイプで使いやすい、クマやシミ隠し以外にもハイライトにも便利という方も多かったので、肌タイプと合うようであれば良いのではないでしょうか。

ちなみに、ニキビに関しては赤みを消すという意味でコンパクトタイプの方が向いているかもしれません。

スポンサーリンク

こんな方にオススメ!

RMKのスーパーベーシックコンシーラーコンパクトは、自分の肌の悩みをカバーするために、ぴったりの色を作りたいという方にオススメです。

一方、RMKのスーパーベーシックリクイドコンシーラーはペンタイプで直接塗れるのが良い、ハイライトとして使える方が良いのではないでしょうか。

そしてどちらも、乾燥肌の方や敏感肌の方は気をつけた方が良いので、慎重に使ってみてくださいね。

最安値で買える激安ショップはこちら!

RMKのコンシーラーを早速使ってみたい!という方のために最安値の販売場所を探しておいたので、参考にチェックしてみてくださいね。

・RMK スーパーベーシックコンシーラーコンパクトの最安値はこちら!

・RMK スーパーベーシックリクイドコンシーラーの最安値はこちら!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、RMKのコンシーラーの使い方や色選びのコツと口コミまとめ、また、ニキビやクマには効果があるのか、といったことなどについても詳しくお伝えしました。

RMKのコンシーラーには、コンシーラ2色とパウダーをセットにしたコンパクトと、リキッドタイプのコンシーラーがあるので、それぞれの潤い成分が入っていることや使い方についてお伝えしました。

そして、口コミをチェックしたところ、乾燥肌の方には向いてないようで、使っていくうちに乾燥してしまうという方も多かったので、注意が必要なのでした。

でも、肌タイプが合えばクマやシミなどのカバー力は高いようですし、リキッドの方はハイライトとしても使えるようなので、気になる方はお伝えした最安値の販売場所をチェックして、試してみてくださいね!

スポンサーリンク