Pocket

プチプラで色々試したくなるキャンメイクのアイテムのなかでも、ハイライトは人気ですよね。

なので、キャンメイクのハイライトの人気のおすすめや成分などの比較、イエベに合うものや選び方のポイント、使い方についても知りたいのではないでしょうか。

それから、キャンメイクのハイライトを使った方の口コミも気になりますよね。

そこで今回は、キャンメイクのハイライトの使い方や人気のおすすめ、また、違いや比較などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

キャンメイクのハイライトの違いや特徴と期待できる効果は?デメリットも

キャンメイクのハイライトアイテムには、

・ひと塗りでさらっとハイライトが入れられる「ハイライター」

・色々な色をミックスして自分好みの色を作れる「グロウフルールハイライター」

・クリームタッチで落ちにくい「クリームハイライター」

などが人気です。

・ ハイライター

ハイライターは手前がミルキーホワイト、奥がベビーベージュの2色展開で、すっと肌に馴染んでべたつかない微粒子パウダータイプです。

そして、パールがたっぷり入っているので、くすみを抑えて明るいツヤと透明感が続きますし、香料や色素は配合されておらず、皮脂吸着パウダー配合とのことで、べたべたせずにキレイが長持ちしそうですよね。

ちなみに、肌色別の場合は、色白のブルべさんにはミルキーホワイト、黄みがかっているイエベさんならベビーベージュがオススメです。

・ グロウフルールハイライター

グロウフルールハイライターは奥がプラネットライト、手前がイルミネートライトで、やわらかなパウダーがとろけるように密着し、粉っぽくならずにまるでクリームのような透明感と、高発色を実現できるアイテムです。

そして、コラーゲンやヒアルロン酸などの肌が喜ぶ保湿成分がたっぷり配合されていて、鉱物油や石油系界面活性剤など化学的な成分は配合されていないところも嬉しいアイテムです。

それから、肌色別に選ぶなら、色白のブルべさんには青みが入っているプラネットライト、黄みがかっているイエベさんならオレンジが含まれているイルミネートライトがオススメですよ♪

・ クリームハイライター

クリームハイライターはルミナスベージュ、ルミナスアクアの2色展開で、前者は黄みがかったイエローベースの方にオススメで、後者はシルバー系が似合う色白のブルーベースさんにオススメです。

そして、微少なパールを豊富に配合し、自然なツヤと立体感を表現できるハイライターで、クリームタイプでなじみやすいのに、軽い塗り心地でさらっと仕上がるところが特徴です。

これらの3アイテムに関する口コミや詳細に関しては、次の関連記事を合わせてチェックしてみてくださいね。

(関連記事:キャンメイクハイライターの使い方や涙袋の作り方!選び方や口コミまとめも

(関連記事:キャンメイククリームハイライターの使い方や色の選び方!涙袋の作り方や違いも

そして、キャンメイクのハイライターには、ハイライト&リタッチコンシーラーUVというアイテムも人気なので、今回はこちらについてもチェックしていきましょう。

・ キャンメイクハイライト&リタッチコンシーラー

ハイライト&リタッチコンシーラーは、細かい部分も塗りやすいチップタイプで、光効果で透明感をアップさせ、目の下のくすみやクマ、口元の小じわなどの肌の悩みをきれいにカバーしてくれるハイライトです。

そして、コラーゲンやヒアルロン酸など、美容保湿成分を配合しているので、乾燥を防ぎ、うるおい美肌に整えてくれます。

それから、ラベンダーエキスやローズマリーエキスなどのオーガニック植物抽出エキスも配合しているので、目元など乾燥しやすいところにも安心して使えますね。

ちなみに、SPF40・PA++とUVブロック効果も高いのですが、紫外線吸収剤やアルコール、香料やパラベン、鉱物油、タール系色素などは一切配合していないようです。

そんなハイライト&リタッチコンシーラーは、ライトピンクベージュの一色で、イエベさんにもブルベさんにも馴染みやすそうな色ですよね。

スポンサーリンク

使い方を分かりやすく

キャンメイクのハイライトアイテムは、それぞれ次のように使ってみてくださいね。

・ ハイライター

付属のブラシで、ハイライトしたい部分にさっとひと塗りしてください。

・ グロウフルールハイライター

複数の色をブラシでミックスさせながら、自分好みの色に整え、気になるところ、またはベースコントロールとして顔全体になじませてください。

・ クリームハイライター

指で適量をとり、気になるところにぽんぽんと重ね、優しくなじませてください。

・ ハイライト&リタッチコンシーラー

チップで適量をとり、目元のくすみやクマ、口元の小じわなど気になるところに塗布し、指でなじませてください。

そして、ファンデーションの上からでも使いやすい軽いつけ心地なので、メイク直しにもオススメです。

スポンサーリンク

口コミや評判まとめ

それでは、キャンメイクのハイライターのうち、ハイライト&リタッチコンシーラーの口コミをチェックしていきましょう。

1、 良い口コミは?

・ 口コミ1

凄い!凄すぎるよコレ!!

ブルベの私にはぴったりでした。

ファンデの上からも使えるのが手軽でいいです。

少し目が冴えないなあというとき、これを使うとぱっと明るくなります。

ある程度のカバー力は感じますが、何かを隠すというより、ハイライトとしても使い道かと思います。

細やかなパールが柔らかく光を味方にしてくれる感じです。

それにしてもプチプラでこの仕事…脱帽です。

もう手放せません。

絶対リピ確実です!

・ 口コミ2

久々のヒットです!!

ハイライト目的で購入しました

まずハイライト&コンシーラーという名前ですがハイライト要素の方が強めです。

美容保湿成分84%にSPF40 PA++までついてたったの580円。

ハイライトとして使用しての感想ですが、スティックや粉のハイライトの塗りました感が苦手な私。。

だけどこのハイライト&コンシーラーは化粧水をつけたときみたいにナチュラルにツヤツヤ

・ 口コミ3

カラースティック モイストラスティングカバーでソバカスを消したあと、艶を出すために使ってます。

少量を指でたたくと綺麗につきます。

素肌っぽい自然な艶が出るのですごく使いやすいです。

2、 悪い口コミは?

・ 口コミ1

うーん、コンシーラーとしては使えないですね。

全然カバー力がないですしすぐとれる。

ハイライトとしても使えない。

リピートはなしです。

・ 口コミ2

ハイライトとして使用している方がいらっしゃいますが私が使用した際はハイライトとしても使えませんでした。

急いでいる時に口コミを見ずに購入してしまったのですが…使い道がないのでもうリピートはしません。

・ 口コミ3

クマやシミは残念ながら隠れなかったです(;_;)

出典:@コスメHP

いかがでしたでしょうか?

コンシーラー効果はあまりなく、ハイライターとしてチップで塗布したい方に向いている商品のようですね。

なので、目元のクマやシミなど、コンシーラーでしっかり隠したいという方にはあまりオススメではありません。

スポンサーリンク

こんな方にオススメ

キャンメイクのハイライターのうち、

・ 単色でさっとひと塗りしてハイライトしたい:ハイライター

・ 自分好みの色に整えてハイライトしたい:グロウフルールハイライター

・ クリームタイプでツヤと持ちの良さを重視したい:クリームハイライター

・ チップで塗布できて、色付きで一応コンシーラーとしても使えるのがいい:ハイライト&リタッチコンシーラー

といった感じでオススメなので、選ぶ時の参考にしてみてくださいね。

最安値で買える激安ショップはこちら!

キャンメイクのハイライトを早速購入してみたい!という方のために最安値の販売場所を探しておいたので、参考にチェックしてみてくださいね。

・ キャンメイク ハイライターの最安値はこちら!

・ キャンメイク グロウフルールハイライターの最安値はこちら!

・ キャンメイク クリームハイライターの最安値はこちら!

・ キャンメイク ハイライト&リタッチコンシーラーの最安値はこちら!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、キャンメイクのハイライトの使い方や人気のおすすめ、また、違いや比較などについても詳しくお伝えしました。

キャンメイクのハイライトには、ひと塗りでハイライトできる単色の「ハイライター」と複数の色を組み合わせて自分好みの色にできる「グロウフルールハイライター」、クリームタイプでツヤと持ちが良いのが魅力の「クリームハイライター」があり、今回はそれに加えてチップで塗布できる色付きの「ハイライト&リタッチコンシーラー」についてお伝えしましたね。

そして、ハイライト&リタッチコンシーラーの口コミをチェックすると、コンシーラー効果はあまりなく、ハイライトとしては塗布しやすくて優秀という声も多かったのですが、シミやクマ隠しを重視したい方にはオススメできないのでした。

そんなキャンメイクのハイライトアイテムの選び方についてもお伝えしておいたので、気になる方はこれを機会に購入して試してみてくださいね!

スポンサーリンク