「もっとキレイ」をナビする美容メディア

アプレシエ化粧水の使い方や効果と副作用!作り方やおすすめも

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

ビタミンC誘導体は1990年代の美白ブームを牽引してきたといっても過言ではない優れた美白成分ですが、最近では進化型ビタミンC誘導体「APPS(アプレシエ)」が話題です。

なので、アプレシエの効果と副作用、アプレシエ化粧水の使い方、アプレシエの美容液についても知りたいのではないでしょうか。

それから、アプレシエ化粧水の作り方や楽天でのおすすめ商品、そしてアプレシエを使った方の口コミも気になりますよね。

そこで今回は、アプレシエ化粧水の使い方や効果と副作用、また、作り方やおすすめなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

アプレシエ化粧水の効果とは!

アプレシエ(APPS)とは、リン酸型ビタミンC誘導体にパルミチン酸を付加したもので、従来のビタミンC誘導体よりもさらに機能性が高いと話題を呼んでいます。

そして、一時期流行った美顔器を使ってビタミンC誘導体の浸透を高めるホームエステを試してみた方も多いと思いますが、アプレシエは塗布だけで高い浸透力があり、従来のビタミンC誘導体と比較すると約100倍もの浸透力があるとされています。

アプレシエの効果とは?

真皮には肌の弾力を支えるコラーゲンは存在していますが、年齢を重ねていくとこのコラーゲンの生成能力が減少してしまいます。

そのため、アプレシエはそのコラーゲンの生成に働きかけサポートし、シワやたるみの改善にプラスの効果があるとされていて、さらに従来のビタミンC誘導体と同様に、ニキビ跡のケアやシミ、くすみなどにも効果的と言われています。

なので、

・ 美白したい

・ 肌のハリの衰えが気になる

・ 若々しい肌を取り戻したい

・ ほうれい線が気になる

など、様々な肌の悩みを持っている方にオススメです。

スポンサーリンク

アプレシエ化粧水の作り方や使い方は?副作用も

アプレシエは水にも油にも親和性が高いという特徴があり、様々な化粧品に配合することができますし、刺激性も比較的低いので敏感肌の方でも使用することができるそうです。

ただ、アプレシエは比較的安定性が低いという特徴があり、化粧水に溶けた状態では変質しやすく、配合するのが難しい成分とされています。

そのため、市販の製品でもアプレシエと化粧水は分かれていて使う直前に自分で混ぜ合わせるセパレートタイプや、短期間で使い切るタイプなどがあり、より良い状態で肌の角質層まで届けその魅力を実感しやすいようにできているものが多いです。

アプレシエ化粧水の作り方は?使い方も

アプレシエ化粧水のセパレートタイプを作る時はどんな手順で行えば良いのでしょうか?

例えば楽天では、こちらの商品が人気のようです。

・ 新世代ビタミンC誘導体「アプレシエ(APPS)」1%化粧水・50ml作成キット

手順は簡単で、まずは上質の水(精製水かミネラルウォーター)を用意し、容器に50mlとアプレシエ粉を入れてよくシェイクするだけでOKです。

そして、使う直前にもう一度シェイクし、使う時は500円玉大を目安に手に取り、手で温めるようにして肌になじませていき、特に乾燥が気になるときは、その目安量を何度かに分けて肌になじませていくと、より潤うそうです。

また、アプレシエは前述の通り化粧水に溶かした状態では変質しやすいので、こちらの商品では作った化粧水は1ヶ月以内に使い切るのがオススメとされています。

それから、原料自体の保管にも注意が必要で、直射日光や高温・多湿環境では保管ができないので、到着後3日以内には化粧水として作り冷蔵保存するか、原料の状態で保存するなら半年間は冷凍保存が可能とのことです。

ちなみに、保存期間はブランドごとに異なるので、商品ごとにチェックするようにしましょうね。

アプレシエ化粧水の副作用は?

アプレシエ化粧水は比較的副作用の少ない製品ですが、敏感肌の方にとってはピリピリとした刺激感を感じる場合があるそうです。

そして、高濃度の場合はよりこの刺激性が現れやすいので、特に敏感肌の方やニキビ治療に使う場合は、低濃度にするなど工夫が必要で、それ以外は発赤やかゆみ、湿疹などが出ない限りは使用しても問題ないとのことです。

ただし、ビタミンC誘導体は肌が乾燥しやすい成分なので、次のように他にも保湿成分や美容成分が配合されている化粧品を選ぶか、併用するなどして気をつける必要があります。

スポンサーリンク

アプレシエ化粧水のおすすめは?口コミも

それでは、アプレシエ化粧水のおすすめや人気商品をチェックして、それを使った方の口コミも見ていきましょう。

1、 DUVOTA「Cローション」

DUVOTAのCローションにはAPPSはもちろん、保湿力のある馬プラセンタ、肌に艶を出すアミノ酸8種、美白効果があるアルプチンなどの美容成分がたっぷり配合されていて、肌を潤わせつつ、美白ケアやエイジングケアができるそうです。

【使った方の口コミは?】

・ 乾燥肌/20代後半/女性

つけた翌日から毛穴のがぎゅっとしまってびっくりしました。

日焼け後の肌にレスキューとしてつけると回復が早いです。

潤い感もばっちりです。

・ 普通肌/20代前半

浸透力が高く、ぐんぐん肌になじみました。

こんなに浸透がいい化粧水は初めてです。

毛穴の開きも前より気にならなくなりました。

2、 プリモディーネ「シーバムコントロールVCローション」

繰り返す大人ニキビをできにくくしたり、ニキビ跡を薄くするのに効果的なのがプリモディーネの「シーバムコントロールVCローション」で、こちらはAPPS1%と水溶性ビタミンC誘導体を4%配合し無添加にこだわった化粧水だそうで、アルコールフリーなので肌が敏感な方でも安心して使えますよね。

【使った方の口コミは?】

・ 脂性肌/30代前半

ニキビやニキビ跡が綺麗になってるように感じます。

かれこれ1年使ってますが肌のキメが整いくすみも取れてきたので美白効果もあるようでうれしいです。

3、ドクターケイ「ケイカクテルVローション」

皮膚科医監修のドクターズコスメブランド・ドクターケイの「ケイカクテルVローション」は、APPSを始めとしたビタミンC誘導体はもちろん、ビタミンA誘導体・ビタミンB群といった12種類のビタミンを濃縮配合しています。

そして、ヒアルロン酸や2種類のコラーゲンも配合しているので、肌の保水機能を高めて毛穴をきゅっと引き締めながらも、肌をやわらかくしっとりと整えてくれるアイテムだそうです。

【使った方の口コミは?】

・ 乾燥肌/20代後半

なんといっても保湿力がすごいんです。

みずみずしいのに力強く保湿してくれるので、乾燥から来るトラブルが少なくなりましたし、肌が安定しました。

・ 混合肌/30代後半

一本使い終わってみて肌の調子がよくなってきたのを実感しています。

肌のもっちり感があがったし、日中の調子もいいです。

ちょっとお値段が高いのですが、この効果なら仕方ないのでしょうか・・・。

4、 アクセーヌ「ホワイトエマルジョン ディープモイスチュアC」

アクセーヌの「ホワイトエマルジョンディープモイスチュアC」には、APPSによる美白・引き締め効果に加えて、クララ根エキス(美白効果)とツボクサエキス(炎症抑制効果、美白効果)などの成分が配合されているので、角質層を潤し透明感のある明るい素肌を取り戻すことができます。

そして、乾燥によってバリア機能が低下している肌を優れた保水効果でふっくら・やわらかなハリのある肌へと改善することができます。

【使った方の口コミは?】

・ 乾燥肌/20代前半

何回重ね付けしてもぐいぐい入っていくのでびっくりです。

肌も柔らかくなったのを実感しています。

まだ一本目を使い続けている途中ですが、次もリピートすると思います。

5、 ドクターライン「DLホワイトBAエッセンス」

皮膚科、美容皮膚科、美容外科のドクターの協力の元、誕生したブランド「ドクターライン」の「DLホワイトBAエッセンス」にはAPPSに加えて美容ポリフェノールである「エンジゾノール」が配合されています。

そのため、角質層にすっと浸透して潤いを保持しながら、外敵刺激から肌を守ってくれるそうです。

【使った方の口コミは?】

・普通肌/20代後半

夜使うと翌朝までしっとりしています。

使っていると肌が安定してきて、荒れることも減ってきました。

べたつきもなく保湿効果もしっかりとしているのでこれはお気に入りです。

6、ドクターシーラボ VC100 エッセンスローション

薬局などでも手に入りやすいドクターシーラボの高濃度ビタミンC化粧水「VCエッセンスローション」は、美白にもハリにも効果的なフラーレンや肌を整える19種類のアミノ酸が配合されているので、肌サイクルを整えながら様々な肌トラブルにアプローチし、肌本来の強さを引き出してくれるそうです。

なので、ハリ不足・くすみ・乾燥・毛穴の開きなどの年齢肌にもしっかり働きかけてくれますし、注目の美容成分やフラーレンによって紫外線や乾燥、排気ガスによる外的刺激からも肌を守ることができるそうです。

【使った方の口コミは?】

・脂性肌/20代前半

最初はとろみが強くて馴染まないかなと思いましたが、手のひらでしっかりプレスしたらもっちり浸透してきます。

敏感肌ですが、ピリピリもせず赤みも出なかったので嬉しかったです。

少量でとても伸びがいいので、コスパもいいです。

いかがでしょうか?

一口にAPPS化粧水といっても、メーカー毎に他にも様々な美容成分を配合している商品があったり、アルコールフリーで敏感肌の方でも使いやすいものなどを紹介しましたので、自分の肌質に合ったものを選んでぜひ使ってみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、アプレシエ化粧水の使い方や効果と副作用、また、作り方やおすすめなどについても詳しくお伝えしました。

アプレシエ(APPS)とは、リン酸型ビタミンC誘導体にパルミチン酸を付加したもので、従来のビタミンC誘導体よりもさらに機能性の高いと話題を呼んでいる成分で、加齢にともなって減少するコラーゲンの生成に働きかけ、シミやシワ、ニキビ跡の改善やニキビ予防、艶やハリを取り戻すことに効果的なのでしたね。

そして、粉状で販売されている商品を化粧水にする時の作り方の手順や保管の注意点についてもお伝えし、副作用は比較的出づらいですが敏感肌の方は刺激を感じる場合があるのでしたね。

それから、APPS使用の化粧水として楽天で人気の商品を6種類紹介し、それぞれ様々な美容成分が配合されていたりアルコールフリーのものもあったので、肌質に合わせて使ってみてくださいね!

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Beauty Plus Navi , 2017 All Rights Reserved.